沖縄県名護市、6次産業化を推進する販売店舗がオープン。6次産業と観光の融合へ

 沖縄県名護市の「なごアグリパーク」内では、新たに農産物の加工品などを販売する「アグリショップ しまちゅらら」が4月18日にオープンする。新たな店舗(約192㎡)では、健康・美容・長寿をテーマに40~50代の女性をメインターゲットに設定し、沖縄県内の農産加工品や健康食品、化粧品などの販売を行う。

店舗内のメインコーナーには、農産加工品生産者の専用のブースも設置。生産者の方々の想いが伝わる売り場を目指していくとともに、海外からの観光客を対象とした消費税免税制度も導入する。平成28年4月にはレストランと観光農園施設が新たに完成し、複合施設として年間30万人の来場を目指していく。

沖縄県名護市、6次産業化を推進する販売店舗がオープン。6次産業と観光の融合へ

【なごアグリパークとは】
 なごアグリパークは、6次産業化による農業の活性化を目的に、名護市が整備を進めている施設です。平成26年6月に一部の施設がオープンし、名護市から指定を受けた沖縄美ら島財団が施設の管理運営を行っています。

現在オープンしているのは、6次産業化を目指す農家などが加工品を開発し、試作品を作ることができる加工研究室と、6次産業化に取り組んでいる事業者が入居するインキュベート室です。インキュベート室には、農業生産法人株式会社クックソニアと、株式会社マキ屋フーズが入居しています。

 今後は、平成27年4月オープンの「アグリショップ しまちゅらら」に続き、平成28年4月には、レストランと観光農園が新たに完成し、「健康・美容・長寿」をテーマとした複合施設としてオープンする予定です。完成後は年間30万人の来場を目指します。

【6次産業と観光の融合】
「なごアグリパーク」の指定管理者である沖縄美ら島財団は、沖縄の自然や歴史・文化に関する調査研究・普及啓発・公園管理などを事業の柱としている団体です。長年にわたり沖縄の植物に関する調査研究を行っているほか、観光事業に関するノウハウも持っています。

「なごアグリパークは」、地元の方々はもちろん、県外や海外からの観光客にも来ていただける施設を目指しています。沖縄美ら島財団がこれまで培った観光事業のノウハウを活かし、観光客のニーズ(ここでしか食べられないもの、地元の食材を使った商品、お土産など)と地元のニーズ(地元の農産物、それらを使った新しい商品など)をマッチングさせ、6次産業と観光との融合による地域の活性化を目指していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  2. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
ページ上部へ戻る