ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!

Click & Grow では、簡単に家庭菜園ができるシステムを提供してくれます。本栽培システムは、水や肥料の適切量を把握してくれるセンサーが内蔵したハイテク水耕栽培キットである。栽培方法は簡単、あなたが栽培したい種と肥料を入れ、USBケーブルを通してパソコンにつなげるだけ
 
ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!
 
あとは、栽培品種に合った成長プログラムをコンピューターにアップロードすると、本栽培キットが、定期的に水や肥料を入れるタイミングを知らせてくれる。また、溶液タンクをいっぱいにするために、空気中の水分を集めるという除湿機としての機能を持つ商品もあるという優れもの。
 
 
本商品は、まだ発売されておりませんが、数ヵ月後には市場に投入される予定。本体価格は17ユーロ、種・溶液等のカートリッジが2.5〜4ユーロほど。最近、こうした手間いらずの栽培キットが多く発売されており、毎日仕事で忙しい方には最適かもしれませんが、苦労・試行錯誤がない家庭菜園が本当に楽しいのかは疑問(意見は人それぞれ)。本栽培キットは、家庭菜園で植物を栽培してみたい、という人よりもエコや環境に興味があり、インテリアとしての機能を重視した人が購入者に最適のような気もします。
 
 
イメージ的には「都会&多忙&エコ・環境、インテリアに興味あり」という人にとって、PCや携帯モバイル、さらにはWEB上のSNSコミュニケーションやソフトウェアの取り扱いは慣れている人が多いだろう。もちろん一部では、大規模生産のために、ITやネットワーク技術を活用した生産者・農家も少しずつ増えてはいるものの、こうした消費者アプローチからの農業とIT・WEB技術の融合は比較的スムーズに実行できそうな予感がします
 
 
参考までに、Botanicallsも紹介したい。本商品は人間と植物、種を超えた新しいコミュニケーションツールを提案しようというもの。写真のようなボードに土壌湿度センサーが内蔵されており、その湿度レベルによって水が足りない場合は、ツイッターや電話で知らせてくれるという驚きのサービスだが、技術的には、そんなに難しいものではないようです。(販売サイト:100ドル程で販売中)
 
ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る