ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!

Click & Grow では、簡単に家庭菜園ができるシステムを提供してくれます。本栽培システムは、水や肥料の適切量を把握してくれるセンサーが内蔵したハイテク水耕栽培キットである。栽培方法は簡単、あなたが栽培したい種と肥料を入れ、USBケーブルを通してパソコンにつなげるだけ
 
ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!
 
あとは、栽培品種に合った成長プログラムをコンピューターにアップロードすると、本栽培キットが、定期的に水や肥料を入れるタイミングを知らせてくれる。また、溶液タンクをいっぱいにするために、空気中の水分を集めるという除湿機としての機能を持つ商品もあるという優れもの。
 
 
本商品は、まだ発売されておりませんが、数ヵ月後には市場に投入される予定。本体価格は17ユーロ、種・溶液等のカートリッジが2.5〜4ユーロほど。最近、こうした手間いらずの栽培キットが多く発売されており、毎日仕事で忙しい方には最適かもしれませんが、苦労・試行錯誤がない家庭菜園が本当に楽しいのかは疑問(意見は人それぞれ)。本栽培キットは、家庭菜園で植物を栽培してみたい、という人よりもエコや環境に興味があり、インテリアとしての機能を重視した人が購入者に最適のような気もします。
 
 
イメージ的には「都会&多忙&エコ・環境、インテリアに興味あり」という人にとって、PCや携帯モバイル、さらにはWEB上のSNSコミュニケーションやソフトウェアの取り扱いは慣れている人が多いだろう。もちろん一部では、大規模生産のために、ITやネットワーク技術を活用した生産者・農家も少しずつ増えてはいるものの、こうした消費者アプローチからの農業とIT・WEB技術の融合は比較的スムーズに実行できそうな予感がします
 
 
参考までに、Botanicallsも紹介したい。本商品は人間と植物、種を超えた新しいコミュニケーションツールを提案しようというもの。写真のようなボードに土壌湿度センサーが内蔵されており、その湿度レベルによって水が足りない場合は、ツイッターや電話で知らせてくれるという驚きのサービスだが、技術的には、そんなに難しいものではないようです。(販売サイト:100ドル程で販売中)
 
ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る