米国や世界では受刑者向けの園芸プログラムが急増。NPOの支援制度、社会企業家の増加なども関係

サンフランシスコにある「ガーデン・プロジェクト」は1992年にCatherine Sneed氏によって設立された組織で、主な活動は園芸プログラムを通じて、受刑者の出所後の社会復帰を支援するための教育プログラムを行っている
 
 
米国では、こうした受刑者向けの園芸プログラムを行う組織が、ここ10年前ほどから出現し、最近では急増している。それは、単なる奉仕・ボランティア活動ではなく、社会貢献と事業(収益を確保する)を両立させるNPO法人の出現であったり、ソーシャルベンチャー的な企業が増えたことが、一つの要因として考えられる。米国の場合、NPOの給与だけで生活できる人も多い。また、世界的にも社会企業家精神が旺盛な人々が増えることは良いことである。
 
 
こうした園芸プログラムでは、農作業を通じて受刑者に様々なメリットを与えてくれる。

  • 収穫された作物・野菜は、自分達の食事にも採用され、新鮮で栄養価の高い野菜を摂取することで身体的な健康を獲得できる
  • 園芸療法といった治療法があるように、土いじりや農作業を通じて、精神的にも安定する効果がある

このように園芸プログラムを通じて、心身ともに健康体を獲得でき、再犯率の減少にもつながるのだ。再犯率は半分になるような効果的なケースもある。(再犯率についての記事:英語のみ
 
 
また自分達では食べられないものは、フードバンクやその他のコミュニティを通じてホームレスに食事を寄付したり、病院食に利用したり、レストランなどに販売する場合もある。自身の健康とともに、近隣の地域社会にも貢献できることは非常に良いことだ。どうしても近隣住民にとって、刑務所は嫌われる存在であり、地域社会にマイナスであったとしても、決してプラスな存在にはならない、というのが従来の考え方であっただろう。
 

写真:インサイトガーデンプログラムにおける活動の様子

こうした受刑者向けの園芸プログラムを実施する組織として、例えば「インサイトガーデンプログラム」では、サン・クエンティン刑務所内に1200平方フィートもの農地を運営しており、農作業を通じて、サステナブル農業や環境、コミュニティの大切さなどを教えている。
 
 
カリフォルニアのCIW Prison Gardenでは有機栽培を積極的に進めており、NYのグリーンハウス・プロジェクトが運営する各施設では、年間で数千ポンドの野菜が生産されており、一番多い時で75000ポンドも収穫される時がある。そして、こうした収穫物の4分の一は地元のフードバンクを通じて寄付されている。
 
 
こうした取組みは全米だけでなく、ニュージーランド、ロンドンなど世界各国で行われている。日本ではどうなのだろうか?時間的な制約もあり、国内における取組みを調査することはできなかったが、こうした活動を実施するNPOや農業法人、株式会社を国内で見かけることはないのでは?もし、情報をお持ちの方がいらっしゃれば是非、ご連絡下さいませ。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  8. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る