NTTファシリティーズ/岩手県でITサービスを融合させた新産業創出に向けた農業ITシステム、植物工場等の共同実証プロジェクト

 NTTファシリティーズは3月22日、一般社団法人おらが大槌夢広場と共同で、農産物の生産から流通、加工までの各フェーズとITサービスを融合させた新産業創出に向けた農業ITシステムおよび植物工場等の共同実証プロジェクトを岩手県上閉伊郡大槌町で実施すると発表した。


同社は、東日本大震災以降の農業分野での被災地復興事業について、明治大学農学部准教授 池田敬氏とともに、建物管理やエネルギーの見える化で活用しているモニタリング技術を応用して、農業領域にITサービスを融合させた新産業を創出するために、産官学による「農業とIT融合による新産業創出研究会」を2012年1月25日に立ち上げた。本研究会に大槌町の参加を得て、今回の農業ITシステムおよび植物工場等の共同実証プロジェクトを大槌町で実施することが決まったという。


大槌町における実証プロジェクトでは、露地、温室および植物工場等の各施設において、農業生産物の品質向上、栽培管理の効率化、農業経営の安定化のために、生育環境や育成状況のモニタリング情報や栽培計画・記録情報などの栽培支援など、生産から流通・加工・販売までを含むシステムの開発を目指す。


まずは、露地および温室でのフィールドサーバおよび完全人工光によるユニット型植物工場を設置して農業ITシステムの評価、検証を2012年度に開始する。(参考:2012/3/22ソフトバンクビジネス+IT)



以下はプレスリリース

NTTファシリティーズ、農業ITシステムと植物工場などの共同実証プロジェクトを大槌町で実施


株式会社NTTファシリティーズ(代表取締役社長 沖田章喜)は、一般社団法人おらが大槌夢広場(※1)と共同して農産物の生産から流通、加工までの各フェーズとITサービスを融合させた新産業創出に向けた農業ITシステムおよび植物工場等の共同実証プロジェクトを岩手県上閉伊郡大槌町で実施します。


1.背景
 去る2011年3月11日の東日本大震災による地震と大津波により、生活の場、そして仕事の場が広範囲にわたり消失しました。農業においても生産から加工、販売の広範囲にわたり地場産業の基盤が被災しました。今後、農業の復興には農業基盤の集約、共同化、高度化、エネルギー自給率向上、コミュニティの形成などの課題が山積する中、農業とIT融合による新産業創出が期待されています。


こうした中でNTTファシリティーズは、東日本大震災以降の農業分野での被災地復興事業について明治大学農学部准教授 池田敬氏(※2)と検討を重ね、建物管理やエネルギーの見える化で活用しているモニタリング技術を応用して農業領域にITサービスを融合させた新産業を創出するために、産官学による「農業とIT融合による新産業創出研究会」(※3)を2012年1月25日に立ち上げました。本研究会に大槌町の参加を得て、農業ITシステムおよび植物工場等の共同実証プロジェクトを大槌町で実施することが決まりました。


2.目的
 本共同実証プロジェクトは、被災地の復興、更には日本の復興に寄与すべく、被災地における農業生産及び農業関連ビジネスにITサービスを融合させた新産業創出の実現に向けた課題の抽出と対策の検討を目的とします。


3.大槌町における実証プロジェクト概要
露地、温室および植物工場等の各施設において、農業生産物の品質向上、栽培管理の効率化、農業経営の安定化のために、生育環境や育成状況のモニタリング情報や栽培計画・記録情報などの栽培支援など、生産から流通・加工・販売までを含むシステムの開発を目指します。

まずは、露地および温室でのフィールドサーバ(※4)および完全人工光によるユニット型植物工場(※5)を設置して農業ITシステムの評価、検証を2012年度に開始します。

※1:一般社団法人おらが大槌夢広場(代表 阿部敬一)は大槌町を中心に、町民・各分野の専門家・サポーターと共に、知恵と行動を結集して、観光業・商工業・農業・水産業の再建と生活・雇用支援を目的に設立。

※2:「被災地における農業とICT融合による新産業創出のための共同研究」を株式会社NTTファシリティーズと実施中。

※3:構成員:株式会社イーラボ・エクスペリエンス、株式会社NP、株式会社NTTファシリティーズ、一般社団法人おらが大槌夢広場、協和株式会社、東京豊島青果株式会社、明治大学 (平成24年3月22日現在)

※4:「フィールドサーバ」は、中央農業総合研究センターが開発のカメラとセンサと通信装置を一体にした屋外型の簡易計測機器システムで、圃場モニタリングシステムとして広範囲で利用され、中央農業総合研究センターとの特許使用許諾契約に基づいて、株式会社イーラボ・エクスペリエンスが「フィールドサーバ」を開発、販売。

※5:NTTファシリティーズが開発中の分散管理可能な完全人工型植物工場。(住宅に設置可能な小型植物工場)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る