オプティムの「スマート農業アライアンス」参加団体数が1,000団体を突破

 株式会社オプティムは、AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業を推進する未来志向の取り組みとして、2017年12月27日に開始した「スマート農業アライアンス」について、参加団体数が1,000団体を突破した。

オプティムの「スマート農業アライアンス」参加団体数が1,000団体を突破
■「スマート農業アライアンス」とは
「スマート農業アライアンス」とは、AI・IoT・ドローンを活用して“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を実現するべく、スマート農業を推進する取り組みです。

「スマート農業アライアンス」へは、生産者の方だけではなく、企業や金融機関、自治体、大学など、スマート農業を共に実現する未来志向の方々であればどなたでも参画いただけます。

「スマート農業アライアンス」に参画いただいた方々は、「スマートアグリフードプロジェクト」、「スマートデバイスプロジェクト」、「その他プロジェクト」に参加することができます。なお、「スマート農業アライアンス」に参画頂ける方々の募集は引き続き無料で行ってまいります。

オプティムの「スマート農業アライアンス」参加団体数が1,000団体を突破
◆「スマート農業アライアンス」各プロジェクト
●「スマートアグリフードプロジェクト」とは

AI・IoT・ドローンを利用して「減農薬」を達成して、高付加価値がついた農作物の生産、流通、販売を行うプロジェクトです。

「スマートアグリフードプロジェクト」に協力いただける生産者の方へは、ピンポイント農薬散布テクノロジーを含む、「OPTiM スマート農業ソリューション」を無償提供いたします。

また、その中でも「大豆」と「米」を生産頂ける方は、「OPTiM スマート農業ソリューション」を通じて生産された作物すべてを、オプティムが買い取りいたします。


●「スマートデバイスプロジェクト」とは
「スマートデバイスプロジェクト」とは、スマート農業を実現するキーとなるスマートデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートグラス、ドローン、フィールドセンサー、IoT農機具など)を活用し、生産者の農作業の負担軽減や技術伝承の問題を解決するプロジェクトです。

さまざまなメーカーのデバイスを、オプティムの「OPTiM スマート農業ソリューション」と融合させ、生産者に必要となるサービスを作り出します。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。