NTTデータ、営農支援プラットフォーム「あい作」を提供開始

 株式会社NTTデータは、農業協同組合、農事組合法人等に向け、営農支援プラットフォーム「あい作(TM)」を2018年10月10日より提供開始する。

NTTデータ、営農支援プラットフォーム「あい作」を提供開始
「あい作」は、生産者・組合担当者の営農業務のうち、生産計画作成から栽培記録の確認、承認までの業務を対象にしています。

生産者がスマートフォンやタブレットに入力した栽培情報を組合担当者が把握できるようになることで、産地の栽培情報の見える化を実現、双方のコミュニケーションも促進し、営農活動の質の向上と効率化を実現します。

また、日本GAP協会奨励システム(注1)として認定を受けており、GAPの実践や認証取得にも活用できます。現在、JAグループ茨城、JA香川県等にて本格導入に向けて試行運用を開始しています。

今後NTTデータは、農業流通に関わる各ソリューションとも連携することで、営農支援プラットフォームの価値を向上させ、2020年度末までに国内100組織への導入を目指します。


【概要および特長】
「あい作」は農業協同組合、農事組合法人等の営農活動を支援するためのクラウドサービスです。

これまで生産者が紙面にて作成し、組合に提出していた栽培における計画管理や実績管理等を、スマートフォンやタブレットなどで簡単に入力するだけで組合に提出することが可能となります。

また、組合担当者はいつでもシステムで入力された情報を確認することができ、農薬使用基準の確認や、出荷時期・出荷量見込みの把握に活用することが可能となります。

さらに、時間や場所を気にせずに生産者と組合担当者が連絡、相談ができる機能を提供することで、双方のコミュニケーションの促進を支援します。これにより、営農活動の質の向上と効率化を実現できます。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。