アグリホープ、植物工場・水耕栽培による高機能茶豆「かほる茶豆」を販売

 株式会社アグリホープは、冬でも一年中、美味しいフレッシュな茶豆を食べたい、というニーズに応えるため、植物工場・水耕栽培による機能性商品「かほる茶豆」を発売する。

播種、育苗ステージでは、LEDによる人工光にて均一な苗を生産し、その後は太陽光を利用した施設栽培にて定植・収穫していく。周年生産の実現とともに、太陽光発電による自然エネルギーの地産地消も行う。

アグリホープ、植物工場・水耕栽培による高機能茶豆「かほる茶豆」を販売
■かほる茶豆の特徴
1.香りと甘みがちがう!枝豆の最高品種、「茶豆種」
 糖の含有量は、一般枝豆の2.75倍(※山形大学農学部調べ)

2.健康成分が豊富。日常的に食べて生活習慣対策に
 抗酸化作用が高く活性酸素の働きを抑えるプロアントシアニジン/
 肝機能を強化するアラニン/貧血予防に効果が高い葉酸等、栄養の宝庫

3.環境制御型の植物工場だから、安全で安心

4.世界初の技術が実現した、茶豆の水耕通年収穫

アグリホープ、植物工場・水耕栽培による高機能茶豆「かほる茶豆」を販売
■開発背景
茶豆は成長が日長に左右され、露地では夏にしか収穫できない野菜で、「土耕でなければ作れない」ともいわれており、アグリホープはその固定概念に疑問を持ち、

野菜の水耕通年栽培の世界的権威である千葉大学園芸学部と、茶豆研究のパイオニア・山形大学農学部をパートナーに研究を重ねること5年。

試行錯誤をへて水耕栽培によって通年収穫できる日本初の茶豆「かほる茶豆」が誕生しました。


■株式会社アグリホープ
 ウェブサイト:http://www.kahoruchamame.com/
 オンラインショップ:https://kahoruchamame.shop-pro.jp/

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。