イネ科の植物「ソルガム」の育苗・研究を行うアースノートは各大学と連携し、福島の土壌汚染浄化実験を進める/植物浄化ファイトレメディエーション活用事例

種苗ベンチャーのアースノート(沖縄県名護市)は東京大学や名古屋大学と連携し、福島第1原発事故で放射能汚染された水田や畑を、ソルガムやイネ、ヒマワリなどを使って土壌浄化する実証実験を、福島県いわき市、本宮市、二本松市の3市で6月から行っている
 

イネ科の植物「ソルガム」の研究開発に取り組んでいる同社は、ソルガムがカリウムを多く吸収する性質から同じ系統で放射性物質のセシウムでも応用できるとして着目した。現在、植え付けたソルガムの収量調査に着手。刈り入れ後、東大などで分析作業に入り、来春には調査結果が出るとしている。

<写真は(株)アースノート、大和総研HPより>

 
実験は、いわき市の農業生産法人「みずき」とも連携しながら、放射線量が観測された3市7カ所の水田と畑で実施。ソルガム200種、イネ300種、ヒマワリやセスバニアなど植物20種を植え、どの植物、品種が効果的にセシウムを吸収するのかを調べる
 
 
さらにソルガムから放射性物質を取り除き、バイオエタノールを製造する取り組みも実施。農業でエネルギーを生産するシステムの構築も推進する。同社は2011年度は、7カ所で実験を実施し、12年度はエタノール製造までのモデル事業を行う。13年度以降は、面積を増やし、汚染された土壌の浄化に本格的に取り組む方向だ。
 
 
東大大学院で放射線遺伝学を専攻した同社の徳永毅ゼネラルマネージャーは「農家が農業を続けながら、汚染された土壌を浄化する方法を提案したかった。実験で得られた化学の結果を生かして、農家の人たちの手助けをしていきたい」と述べた。植物が持つ生物機能を活用して汚染された土壌や地下水を浄化する「ファイトレメディエーション」は、これまでの汚染土壌を掘削・除去する方法より低コストでできることから近年、注目されている。同社によると、ソルガムによって3年間で90%のセシウムが浄化できたとの米農務省の報告があるとした。<参考:琉球新報より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る