イネ科の植物「ソルガム」の育苗・研究を行うアースノートは各大学と連携し、福島の土壌汚染浄化実験を進める/植物浄化ファイトレメディエーション活用事例

種苗ベンチャーのアースノート(沖縄県名護市)は東京大学や名古屋大学と連携し、福島第1原発事故で放射能汚染された水田や畑を、ソルガムやイネ、ヒマワリなどを使って土壌浄化する実証実験を、福島県いわき市、本宮市、二本松市の3市で6月から行っている
 

イネ科の植物「ソルガム」の研究開発に取り組んでいる同社は、ソルガムがカリウムを多く吸収する性質から同じ系統で放射性物質のセシウムでも応用できるとして着目した。現在、植え付けたソルガムの収量調査に着手。刈り入れ後、東大などで分析作業に入り、来春には調査結果が出るとしている。

<写真は(株)アースノート、大和総研HPより>

 
実験は、いわき市の農業生産法人「みずき」とも連携しながら、放射線量が観測された3市7カ所の水田と畑で実施。ソルガム200種、イネ300種、ヒマワリやセスバニアなど植物20種を植え、どの植物、品種が効果的にセシウムを吸収するのかを調べる
 
 
さらにソルガムから放射性物質を取り除き、バイオエタノールを製造する取り組みも実施。農業でエネルギーを生産するシステムの構築も推進する。同社は2011年度は、7カ所で実験を実施し、12年度はエタノール製造までのモデル事業を行う。13年度以降は、面積を増やし、汚染された土壌の浄化に本格的に取り組む方向だ。
 
 
東大大学院で放射線遺伝学を専攻した同社の徳永毅ゼネラルマネージャーは「農家が農業を続けながら、汚染された土壌を浄化する方法を提案したかった。実験で得られた化学の結果を生かして、農家の人たちの手助けをしていきたい」と述べた。植物が持つ生物機能を活用して汚染された土壌や地下水を浄化する「ファイトレメディエーション」は、これまでの汚染土壌を掘削・除去する方法より低コストでできることから近年、注目されている。同社によると、ソルガムによって3年間で90%のセシウムが浄化できたとの米農務省の報告があるとした。<参考:琉球新報より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る