猛暑による野菜価格の高騰は日本だけでなく、UAE・アブダビや世界でも発生。先週より2倍以上の値段で販売されていることも

日本でも再び、野菜価格の高騰が起きている。今年は長雨や猛暑により度々、レタス等の葉物野菜が2〜4割ほど高騰し、レタス1玉が300円以上(小売価格)になることもあった。そして現在、今年に入って3度目の野菜価格の高騰に直面しており、植物工場野菜との価格が逆転する現象が見られている<関連記事:今年2度目の野菜価格高騰
 
 
今回の価格高騰は夏の猛暑が大きな要因の一つである。こうした猛暑による影響は世界にも波及しており、UAE・アブダビでも、9月末に魚や野菜が一時的に高騰している。例えば、ハムール(UAEではポピュラーなハタ科の白身魚)が、55DH(約1200円)と先週よりも40%も高い価格で販売されており、鰯も、30DH(約660円)と200%以上も価格が上昇している
 
 
もちろん、こうした魚は現地でも非常に人気があるものだからであり、その他の魚は若干の値上がり程度(20〜25%)である。この魚の価格上昇は、気象環境とともに、猟師がイード(断食明けの祭り)期間中に海に潜らなかったことも大きな原因の一つであると推測されるが、今年一番の高値をつけている。
 
 
そして、野菜価格も同様であり、トマトやキュウリは1キロあたり8DH(約176円)<キュウリは先週と比較すると2倍の価格>で販売され、食材の多くがヨルダンから輸入されていたが、この季節的な猛暑によりヨルダン農家も深刻なダメージを受けている模様。
また現地の卸売業者によると、トマト1箱を、船荷から貯蔵・人件費やその他のコストを考慮しながら35DH(約770円)で購入し、マーケットでは1箱を52DH(約1140円)で販売している、という。
 
猛暑による野菜価格の高騰は日本だけでなく、UAE・アブダビや世界でも発生。先週より2倍以上の値段で販売されていることも
 
食材の多くを輸入に頼っているUAE・中東では仕方のないことである、と思う一方で、現地の太陽光利用型・植物工場に近い水耕・ハウス栽培企業が販売する野菜は、今でも価格が一定で安定しているようだ。これだけ野菜価格の高騰が発生すると、現地で生産しているフレッシュな野菜をスーパーで購入したり、自宅への宅配サービスを受ける消費者も増えそうな予感がする。(salataファームでは生産した野菜の自宅宅配サービスを行っている:関連記事
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  2. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  5. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  4. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
ページ上部へ戻る