猛暑による野菜価格の高騰は日本だけでなく、UAE・アブダビや世界でも発生。先週より2倍以上の値段で販売されていることも

日本でも再び、野菜価格の高騰が起きている。今年は長雨や猛暑により度々、レタス等の葉物野菜が2〜4割ほど高騰し、レタス1玉が300円以上(小売価格)になることもあった。そして現在、今年に入って3度目の野菜価格の高騰に直面しており、植物工場野菜との価格が逆転する現象が見られている<関連記事:今年2度目の野菜価格高騰
 
 
今回の価格高騰は夏の猛暑が大きな要因の一つである。こうした猛暑による影響は世界にも波及しており、UAE・アブダビでも、9月末に魚や野菜が一時的に高騰している。例えば、ハムール(UAEではポピュラーなハタ科の白身魚)が、55DH(約1200円)と先週よりも40%も高い価格で販売されており、鰯も、30DH(約660円)と200%以上も価格が上昇している
 
 
もちろん、こうした魚は現地でも非常に人気があるものだからであり、その他の魚は若干の値上がり程度(20〜25%)である。この魚の価格上昇は、気象環境とともに、猟師がイード(断食明けの祭り)期間中に海に潜らなかったことも大きな原因の一つであると推測されるが、今年一番の高値をつけている。
 
 
そして、野菜価格も同様であり、トマトやキュウリは1キロあたり8DH(約176円)<キュウリは先週と比較すると2倍の価格>で販売され、食材の多くがヨルダンから輸入されていたが、この季節的な猛暑によりヨルダン農家も深刻なダメージを受けている模様。
また現地の卸売業者によると、トマト1箱を、船荷から貯蔵・人件費やその他のコストを考慮しながら35DH(約770円)で購入し、マーケットでは1箱を52DH(約1140円)で販売している、という。
 
猛暑による野菜価格の高騰は日本だけでなく、UAE・アブダビや世界でも発生。先週より2倍以上の値段で販売されていることも
 
食材の多くを輸入に頼っているUAE・中東では仕方のないことである、と思う一方で、現地の太陽光利用型・植物工場に近い水耕・ハウス栽培企業が販売する野菜は、今でも価格が一定で安定しているようだ。これだけ野菜価格の高騰が発生すると、現地で生産しているフレッシュな野菜をスーパーで購入したり、自宅への宅配サービスを受ける消費者も増えそうな予感がする。(salataファームでは生産した野菜の自宅宅配サービスを行っている:関連記事
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る