UAEでは来年までに36のオーガニックファームが開設(温室・水耕栽培を採用)。無農薬/自然食品市場が拡大しつつある

前回の記事では、UAEにおける国産食材や無農薬野菜について、まだまだ国内で支持する消費者が少ないことを記載した。マクロ視点にて国内全体を考えると、多くの消費者が「食を通じて健康になる」という意識が低く、薬や治療に頼っているのが現状のようだ
 
 
こうした現状を改善すべく、政府も環境水資源省や保健省がタッグを組んで、無農薬や自然食品の普及に力を入れているのだが、最近になって、その効果が徐々に数値として現れている。その傾向は2008年頃から現れており、この時期に温室による無農薬野菜を栽培する生産者が増え始め、UAEでは2011年6月までには、40ものオーガニックファームが運営予定である。
 
 
農業開発局によると、今年の上半期で既に13もの農場がオーガニックファームとして登録されており、昨年の同時期と比較すると、25%もの上昇率である、という。また、来年の6月までには23の農場が、オーガニックファームとしてリニューアル予定となっている今年と来年で36ものオーガニック農場が開設されることになり、既に運営している農場も含めると、UAE全体では40もの農場が存在することになる
 
 
<Salataファーム>UAEでは36のオーガニックファームが開設
こうしたオーガニックファームのほとんどが、温室による水耕栽培を導入しており、既に成功企業として紹介されているのが、「Salataファーム」である。同社ではハイテクな水耕施設(太陽光利用型の植物工場に近い)により、年中安定的に野菜を生産・販売している。
 
 
同社は2008年に設立した企業であり、トマトやトウガラシ、ハーブやミント類、パセリやトウモロコシといった作物を栽培している。無農薬栽培や環境負荷を軽減した循環型農業を実践する生産者として政府から認可を受け、特別に税金を免除されている企業でもある。国内のスーパーに販売するだけでなく、UAEの家庭へ宅配事業も行っており、レタスだと700円/kg、トマトが600円/kgほどで販売している。
 
 
この他にも、Nassar Al Refaee Vegetables & Fruits Trading といった野菜・果物の卸売業者(UAE・中東諸国の輸出入などを行っている)までもが、野菜の生産事業に乗り出し、国産野菜の需要に対応しようと温室栽培をスタートさせている。
 
 
もちろん土壌による有機栽培(食品廃棄物などの堆肥化を実践)にチャレンジしているシェフや生産者も存在しているのだが(関連記事:英語)<既に国際的にも有機認証を取得している>、限られた水資源と土壌環境により、多くの場合は温室栽培を選択している。
 
 
こうした無農薬野菜や自然食品の売上高は、UAEとオマーン、サウジアラビアといった国で伸びており、アジア地域も含めた従来型の食料との代替市場として、約5億ドルの市場規模があるとも言われている(6th edition, Middle East Natural & Organic Product Expo)。
 
 
今後は中東の気候にも適した栽培方法であり、高品質な食材を安定的に生産できる技術が求められるだろう。そして、政府も主張しているが、こうした栽培技術に加えて、再生可能エネルギーの採用や食品廃棄物の堆肥化といった環境にも優しい農業を実践する企業に手厚い支援を行っていくようだ。
 
 
※ Salataファームの様子(動画・音声なし)

 
 

日本国内の植物工場ビジネスについては、調査レポート:植物工場ビジネスの将来性『植物工場の6割赤字/収支均衡3割の現状を打破するためには』 に掲載しておりますので、参考にして頂ければ幸いです。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  2. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  3. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  7. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  10. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る