【補足】中小企業3社が集結して、長野県諏訪地域を中心とした植物工場の総合的な支援サービスへ<プリント基板設計エーピーエヌ 等>

以下の記事に関連して茅野駅前ビル:ベルビア内の大型商業施設内に植物工場が導入・お披露目されたので関連記事を掲載しておく。設置したのは民間企業の「諏訪菜」。諏訪東京理科大が育成研究に参加、地元茅野市も「食の安全や食育につながる」(柳平千代一市長)と協力しており、産官学連携でのチャレンジである。
 
同ビル3階にある工場は、ガラス張りで通行客に栽培状況を公開している。約100平方メートルのユニット内に4層式の水耕プラントが設置され、現在は包菜(サンチュ)が栽培され、近隣飲食店にも提供されるという

 
 
長野県諏訪地域の中小企業グループ3社が、植物工場の総合的な支援ビジネスを開始する。長野県の南信地域では、製造業を中心に農業分野への参入を目指す「次世代工業化農業研究会」を運営しており、今までも多く企業が参入に積極的な姿勢を見せていた(例:半導体のニチワ工業/自社クリーンルームを植物工場へ「ベジテーレ」ブランド野菜を生産・販売)。
 
 
新たに設立した諏訪菜は、金型製造の旭、プリント基板設計のエーピーエヌ、樹脂成型のみやま、の3社が結集した会社である。総合支援では、諏訪地域の遊休施設を活用した工場の建設を請け負うだけでなく、販売先の候補となる飲食店を紹介するなど運営にも協力する、という。
 
 
顧客開拓のため、9月中にJR茅野駅前の商業施設「ベルビア」の3階に約100平方メートルの野菜工場を設置・稼働させる予定であり、諏訪東京理科大学とも共同で、発光ダイオード(LED)や太陽光発電システムを使った効率的な栽培方法を研究する拠点としても活用する。基本的には栽培設備は自分たちでつくり、設置費用は1坪(約3.3平方メートル)当たり30万円以下を予定している。
 
 
植物工場について「設置コストが坪単価100万円の施設もあり、赤字工場がほとんど」(プリント基板設計のエーピーエヌ:福島社長)。エーピーエヌは、既に植物工場開発を豊富な経験がある<関連記事>。新会社「諏訪菜」は、低コストを売りに顧客を掘り起こし、希望者には栽培方法を指南するほか、販売先候補となる飲食施設や宿泊施設を紹介する。製造業などの空き工場の転用の場合、新規参入企業にとって販路拡大は非常に苦労する点である。
 
 
栽培システムを開発・販売している企業の多くは、商品納入と定期的なメンテナンス、技術的なアドバイス等は行うことがあっても、食品関連企業の紹介や事業モデルの構築・マーケティング支援といった深いお付き合いをしない企業も多いので、異なる技術や経営資源・ネットワークを保有する複数社が集まり、植物工場への総合的支援を実施することには大賛成である。ただし、葉野菜を中心した工場野菜の市場性について、大規模工場を運営する企業とのコスト以外での差別化など、しっかりとした事前調査が必要であるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る