【補足】中小企業3社が集結して、長野県諏訪地域を中心とした植物工場の総合的な支援サービスへ<プリント基板設計エーピーエヌ 等>

以下の記事に関連して茅野駅前ビル:ベルビア内の大型商業施設内に植物工場が導入・お披露目されたので関連記事を掲載しておく。設置したのは民間企業の「諏訪菜」。諏訪東京理科大が育成研究に参加、地元茅野市も「食の安全や食育につながる」(柳平千代一市長)と協力しており、産官学連携でのチャレンジである。
 
同ビル3階にある工場は、ガラス張りで通行客に栽培状況を公開している。約100平方メートルのユニット内に4層式の水耕プラントが設置され、現在は包菜(サンチュ)が栽培され、近隣飲食店にも提供されるという

 
 
長野県諏訪地域の中小企業グループ3社が、植物工場の総合的な支援ビジネスを開始する。長野県の南信地域では、製造業を中心に農業分野への参入を目指す「次世代工業化農業研究会」を運営しており、今までも多く企業が参入に積極的な姿勢を見せていた(例:半導体のニチワ工業/自社クリーンルームを植物工場へ「ベジテーレ」ブランド野菜を生産・販売)。
 
 
新たに設立した諏訪菜は、金型製造の旭、プリント基板設計のエーピーエヌ、樹脂成型のみやま、の3社が結集した会社である。総合支援では、諏訪地域の遊休施設を活用した工場の建設を請け負うだけでなく、販売先の候補となる飲食店を紹介するなど運営にも協力する、という。
 
 
顧客開拓のため、9月中にJR茅野駅前の商業施設「ベルビア」の3階に約100平方メートルの野菜工場を設置・稼働させる予定であり、諏訪東京理科大学とも共同で、発光ダイオード(LED)や太陽光発電システムを使った効率的な栽培方法を研究する拠点としても活用する。基本的には栽培設備は自分たちでつくり、設置費用は1坪(約3.3平方メートル)当たり30万円以下を予定している。
 
 
植物工場について「設置コストが坪単価100万円の施設もあり、赤字工場がほとんど」(プリント基板設計のエーピーエヌ:福島社長)。エーピーエヌは、既に植物工場開発を豊富な経験がある<関連記事>。新会社「諏訪菜」は、低コストを売りに顧客を掘り起こし、希望者には栽培方法を指南するほか、販売先候補となる飲食施設や宿泊施設を紹介する。製造業などの空き工場の転用の場合、新規参入企業にとって販路拡大は非常に苦労する点である。
 
 
栽培システムを開発・販売している企業の多くは、商品納入と定期的なメンテナンス、技術的なアドバイス等は行うことがあっても、食品関連企業の紹介や事業モデルの構築・マーケティング支援といった深いお付き合いをしない企業も多いので、異なる技術や経営資源・ネットワークを保有する複数社が集まり、植物工場への総合的支援を実施することには大賛成である。ただし、葉野菜を中心した工場野菜の市場性について、大規模工場を運営する企業とのコスト以外での差別化など、しっかりとした事前調査が必要であるだろう。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る