世界最小規模/LED搭載の小型植物工場。フリーの専用ソフトウェアをダウンロードすれば、誰でもWEBやiPhoneを通じて遠隔操作・自動制御が可能

今までにも、PCと接続しながら好きな植物を栽培できる家庭菜園グッズを紹介してきたが、今回はさらにハイテクな家庭用の小型・植物工場をご紹介する。日本国内でも、簡易的な水耕栽培キットであれば数千円から、水耕+LED照明にオートメーション機能(温度や水量などを把握して自動調節してくれる)が搭載されている小型植物工場であれば、数万円ほどで購入可能である。(例:MRTのリビングベジスタ/価格は6万5千円ほど)
 
<連関記事:PCと接続した家庭菜園グッズ>
ITやセンサー技術を利用した家庭菜園グッズの市場拡大。農家より消費者アプローチの方がIT・WEBを導入しやすい傾向?!
家庭菜園の必需品。あなたの土壌環境は、どの作物を栽培するのがベストかを教えてくれるツール
 
 
今回Micro Grow Labs が開発・販売する「The LabBox Grower」は、温度や水量、光量など計測・自動制御が可能な水耕栽培栽培システムに、高輝度LEDを搭載した “今まで以上に小型化された植物工場” である。さらに、フリーの専用ソフトウェアをダウンロードすることで、自分の好きなように栽培環境をカスタマイズできる
 
世界最小規模の高輝度LEDを搭載した小型植物工場。フリーの専用ソフトウェアをダウンロードすれば、誰でもWEBやiPhoneを通じて遠隔操作・自動制御が可能な栽培システム
 
iPhoneを通じて水耕栽培・遠隔操作が可能
国内調査でも、家庭菜園を始めて1年以内で中断する人は4割と言われているように、「急に毎日の生活が忙しくなり水やりを忘れてしまう」、「2、3日家を留守にしてしまい帰宅してみると植物が枯れていた」といったようなことは誰しもが経験することではないだろうか。
 
 
こうした悲劇を繰り返さないように、本製品には外出先でも、現在の栽培環境データの把握や遠隔操作がWEBを通じて可能である。例えば、光量や温度環境、ファンがしっかり機能しているのか、といった確認ができるだけでなく、予め設定した温度許容範囲を超えたり、水が少なくなると携帯やPCにアラームメールを送ってくれるし、今の状況を植物自身がTwitter上で報告してくれる機能もついている
 
 
現在はまだβ版であり、今後はデザイン面での改良やサイズのカスタマイズ(商業用でも展示できるような少し大きめな商品の販売)、さらには利用者の栽培データなどを収集・分析することで、さらに最適なソフトウェアを開発していくという。また、利用者同士が情報交換できるPC・携帯どちらからでもアクセス可能なコミュニティサイトも充実させていく計画であり、今後のサービス拡大に非常に期待が持てる。私共でも1台購入しようかと、検討している所だ。
 
世界最小規模の高輝度LEDを搭載した小型植物工場。フリーの専用ソフトウェアをダウンロードすれば、誰でもWEBやiPhoneを通じて遠隔操作・自動制御が可能な栽培システム
世界最小規模の高輝度LEDを搭載した小型植物工場。フリーの専用ソフトウェアをダウンロードすれば、誰でもWEBやiPhoneを通じて遠隔操作・自動制御が可能な栽培システム
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  3. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  6. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る