ドイツOsram社、カナダの植物工場ベンチャーMotorleafを買収

植物工場IT活用事例セミナー

 ドイツの巨大ランプメーカーであるOsram社のベンチャーキャピタル部門「Fluxunit」は、太陽光・人工光型の植物工場システムを開発するカナダのベンチャー企業「Motorleaf」の株式を取得した。

Motorleaf社は、設備プラントの販売も行っているが、主に栽培環境などのデータをAIにて分析し、正確な収量予測・日々の管理業務のソフト開発を行っているベンチャー企業である。

既に、カリフォルニア州にて、太陽光利用型植物工場によるトマトの栽培を行うSunSelect社には、実証試験も兼ねて、同社のシステムが導入されている。

農場では、収量予測の精度が飛躍的に向上し、出荷調整などのミスが50%も削減できた、という。

ドイツOsram社、カナダの植物工場ベンチャーMotorleafを買収ドイツOsram社、カナダの植物工場ベンチャーMotorleafを買収

[関連記事]
発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大

Osram社による複数ベンチャーの買収。園芸用ポートフォリオを拡大

 Osram社のベンチャーキャピタル部門「Fluxunit」は、革新的な技術・ビジネスモデルで、世界を変えることのできる初期スタートアップ・ベンチャーへの投資を行っている。

「Fluxunit」は、多くの投資会社と連携しながら、総額でMotorleaf社に対して285万ドルを投資した。