カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大

カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型植物工場によるハイテク施設を拡大し、同社の生産拠点であるカリフォルニアでの生産能力を2倍に拡大する予定。施設の建設は8月には完了し、今年の秋から出荷を行う。施設への投資には同社の他、マーケティングパートナーのオッペンハイマー・グループも共同投資を行っている。

カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大

同社では既にカリフォルニアのテハチャピにて、約13haのハウスを2014年10月に稼働させ、3種のパプリカ(レッド・オレンジ・イエロー)と房つきトマト(vine tomato)を生産している。拡大させるエリアでも赤パプリカ、房つきトマト、ミニトマトなどを当初は生産する予定としている。

小売向け商品には、機能性フィルムを採用したパッケージングするための自動梱包器を導入し、消費者へアピールするとともに長期保存を実現し、廃棄量削減にも寄与する。同社によると、こうした工夫により25%もの削減量につながる、という。
その他、バイオマス発電にて発生するCO2をクリーン化し、温室ハウスに利用するなど環境配慮にも積極的な商品ブランドであることを一つの強みとしている。

カリフォルニアでは、地産池消の高品質な商品ニーズが高まっている。同社の施設にて収穫された商品は、地元のスーパー・レストランまで48時間以内には届けることが可能である。周年で高品質なパプリカ・トマトを供給できる同社では、大きなビジネスチャンスがあると確信している。