工業資材通販の最大手モノタロウによる無人AIストアを佐賀大学内に実証設置

植物工場IT活用事例セミナー

 株式会社オプティムは、工業用間接資材の通信販売最大手の株式会社MonotaRO(モノタロウ)と、無人・省人オペレーションを目指した店舗の運営実証実験を行う。

具体的には、佐賀大学の本庄キャンパス内に、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」を活用した無人店舗の1号店「モノタロウ AIストア powered by OPTiM」(モノタロウ AIストア)を4月2日にオープンする。

工業資材通販の最大手モノタロウによる無人AIストアを佐賀大学内に実証設置
本店舗ではキャッシュレス・セルフ決済を行うスマートデバイス用アプリ「モノタロウ店舗アプリ」と、店舗内のカメラ映像および入退店ゲート機器の情報を、店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」と連携させ、実店舗に店員がいない状況でも、店舗内のカメラや入退店ゲート、各種センサーを制御します。

工業資材通販の最大手モノタロウによる無人AIストアを佐賀大学内に実証設置
さらに、設置された機器から取得したデータをAIが解析し、マーケティングに活用できる来店状況の分析や防犯検知など、無人店舗を運営するにあたり必要となるさまざまな問題点ならびに、発生した問題に対しての解決策などを本実証実験にて検証してまいります。


■無人店舗の利用について
・入店にはスマートデバイス用アプリ「モノタロウ店舗アプリ」が必要になります。
・スマートデバイス用アプリ「モノタロウ店舗アプリ」は、4月2日からApp Store、Google Playでダウンロード可能です。


■店舗管理支援サービス「Smart Retail Management」とは
「Smart Retail Management」とは、店舗におけるマーケティング戦略の見直しを図るためのデータをAIがカメラの画像を元に分析・提供したり、無人店舗に必要となるAIを用いた画像解析や入退店ゲートの制御、各種センサーからの情報収集機能などを兼ね備えた店舗管理支援サービスです。

同サービスでは、「集客分析」や「空席検知」、「防犯」などの機能が提供され、店舗スタッフでは把握しきれない情報をAIによって分析します。

これにより、お客様は難しい予備知識を学習する必要がないだけではなく、少ない投資で顧客満足度や店舗稼働率を向上させ、最適な店舗運営を実現することができます。


「Smart Retail Management」機能一覧
【集客分析】機能:総来店者数カウント
詳細:購買者や、非購買者など、店舗に入店したお客様を全員カウントし、期間中に何人入店したかを把握できます。

機能:顧客属性分析
詳細:カメラ映像から年齢、性別等のデータを取得することで、店舗を訪れた客層の把握につながります。

機能:滞在分析
詳細:導線や滞在時間をヒートマップ化し、店内のレイアウト変更などを考える際に役立ちます。


【空席検知】
機能:空席検知
詳細:お客様に対して、タイムリーかつ最適な座席案内をすることができます。

機能:空席配信
詳細:デジタルサイネージやアプリと連携することで、お客様に混雑状況・空席状況を配信することができます。

機能:空席予測
詳細:店舗側のスタッフシフト管理、お客様側の来店時混雑状況把握に役立ちます。

機能:座席利用率分析
詳細:座席利用状況が可視化され、店舗内レイアウト変更の際などに効果を発揮します。


【防犯】
機能:録画
詳細:映像の録画、保存期間の設定、再生ができます。

機能:人物特定
詳細:顔認識による人物特定で、要注意人物をお知らせします。

機能:不審挙動検出
詳細:酔っ払いや不審者など、異常行動をする人を検知します。


【外部連携】
機能:POS連携
詳細:売上とのデータ連携を行うことで、より詳細な店舗分析が可能です。

機能:デジタルサイネージ連携
詳細:デジタルサイネージ(タブレット、モニターなど)での「空席状況配信」や顔認識による「ターゲティング広告」を行うことが可能です。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。