三菱ケミカル、中国最大のネット通販・京東集団と植物工場システムで提携

 三菱ケミカル株式会社は、通販サイト「JDドットコム」を運営する中国インターネット通販第2位(直販としては第1位)の京東集団との間で、人工光・太陽光併用型水耕野菜栽培システム(植物工場システム)を納入するとともに、野菜の栽培や衛生管理等で技術提携することで合意した。

三菱ケミカル、中国最大のネット通販・京東集団と植物工場システムで提携
今回納入する植物工場システムは、育苗までを人工光で育て、それ以降は太陽光を利用して効率的に生産を行う併用型であり、特長として、無農薬栽培であること、通年での収穫が可能であること、節水型であること、肥料の適切な使用が可能となることなどが挙げられます。

長年、日本市場においてトップクラスの販売実績を維持していますが、海外市場においても、2014年に中国でシステム販売を開始、また同年には豪州において植物工場システムを採用した葉物野菜の生産・販売会社を自ら設立するなど、着実にアジア・パシフィック市場での植物工場ビジネスの事業を展開してきました。

三菱樹脂、オーストラリア現地法人にて太陽光型植物工場が稼働

近年、中国市場においては、より新鮮でおいしく、さらには安心、安全な食材への関心が急速に高まりを見せています。また、食肉の消費量が年々増加するに伴い、副菜として生野菜のサラダを食べる習慣が浸透し始めるなど、消費者のなかで高付加価値を有するプレミアム野菜の購入意欲が高まりつつあります。

このたび、当社グループは、家庭用浄水器のクリンスイ®にも活用されている浄水技術を活用した、水耕栽培に適した浄化水を使える装置を初めて組み込んだ植物工場システムをJD社のグループ企業に納入するとともに、栽培技術や衛生管理技術を提供します。

JD社は野菜の自社生産から、同社の強みであるコールドチェーンを使った配送までの一貫体制をとることにより、品質の低い商品の流通を防ぎ、「安心・安全・美味しい」という要素をもつプレミアム野菜を中国の消費者に直接届けることが可能となります。

当社は、三菱ケミカルホールディングスグループの中期経営計画「APTSIS 20」において、環境・生活ソリューション部門として、所管する各事業の機能を複合化・一体化してソリューションを提供することにより、2020年に売上高1,700億円の目標を掲げています。その達成に向け、成長著しいアジア地区の需要を取り込み、同地域の関係者の皆様との連携を強化しながら積極的に事業展開してまいります。


【JD社の概要】
社名:北京京東世纪貿易有限公司(京東集団)
本社:中華人民共和国 北京市
代表者:劉強東
設立年:1998年
売上高:2,601億RMB(2016年)
 ※約4.2兆円/流通総額9,392億RMB(2016年)※約15兆円
事業内容:小売業