外食・中食の市場規模は20兆1,983億円。単価の上昇に支えられた2015年から一転、客単価はゼロ成長

 外食・中食市場情報サービス『CREST(R)』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社は、外食・中食市場2016年計動向の分析を紹介するとともに、動向分析レポートの販売を実施する。
外食・中食の市場規模は20兆1,983億円。単価の上昇に支えられた2015年から一転、客単価はゼロ成長
■外食・中食市場全体の売上は0.5%増
外食・中食市場全体の2016年計の売上市場規模は、20兆1,983億円でした。成長率(図表1)をみると、売上は対前年比0.5%増となりました。内訳は、食機会数が寄与したものです。

2015年の対2014年比は、売上1.7%増、食機会数0.4%減、客単価2.2%増でした。2015年は、客単価が増加しており、この客単価増が売上の成長を支えていましたが、2016年は一転して客単価はマイナス成長となりました。

消費者の節約志向によって、高単価店から低単価店へのシフト、または高単価商品から低単価商品へのシフトが起こることにより、企業側も積極的な値上げや高単価商品戦略を避けたことが影響したと考えられます。

 ※ 食機会数: 外食・中食を利用した延べ食機会(朝/午前間食/昼/午後間食/夕/夜間食)数

■多くの業態で食機会数がプラス成長
業態別の食機会数の成長率(図表2)をみてみると、CVS(コンビニエンスストア)とFF(ファストフード)+セルフ型カフェが大きく成長しました。CVSは店舗数増加(前年比+2.8%)の影響が大きいと考えられます。
FF+セルフ型カフェは、ハンバーガーファストフード店の鶏肉問題からのリカバーが大きく影響しました。

FR(ファミリーレストラン)は2015年に高単価商品が好調で客単価も伸び客数も伸びましたが、2016年は節約志向の影響で苦戦しました。第4四半期(9-12月)に再度高単価商品の投入や、メニュー戦略がうまくいき、客数が回復したことで、2016年計は微減(0.4%減)にとどまりました。
外食・中食の市場規模は20兆1,983億円。単価の上昇に支えられた2015年から一転、客単価はゼロ成長
■昼食、夕食は減少、間食機会が4四半期連続で伸びる
食機会別の成長率(図表3)をみると、間食機会が大きく成長しているのが分かります。2015年はマイナス成長だった間食機会が2016年は年間通してプラス成長でした。間食の伸びは主にCVSとスーパーがけん引しています。

反面、昼食、夕食のメインの食事機会数は、大きく減少しています。朝食は第3四半期までは連続減でしたが、第4四半期にプラスに転じたことでマイナス1%と小幅減にとどまりました。
外食・中食の市場規模は20兆1,983億円。単価の上昇に支えられた2015年から一転、客単価はゼロ成長
2016年は、天候不順や野菜・魚介類の歴史的な高騰もあり、もともと顕著になっていた節約志向がより強くなり、消費者は価格や商品の価値に対してシビアな状態が続きましたが、第4四半期に多くの業態で客数が増え、明るい兆しが見え始めました。

人口減少、少子高齢化が進む中、今後は人々の胃袋は減る一方ですので、何もしなければ食市場は縮小します。外食・中食市場は、プラスマイナス1%前後の成長しか見込めず、天候やカレンダー並びの影響を受けて数字が上下する現象が続いています。

節約志向の消費者の財布のひもをいかにゆるめるかが重要になりますが、2016年に伸長した間食や、連休やイベントの需要を喚起し取り込んでいくことが今後の消費拡大のカギになりそうです。

■本分析の詳細をもっと知りたい方へ
「外食・中食マーケットトレンドレポート2016年計編」リリース
本分析を含めた外食・中食市場全体及び主要業態(FF+セルフ型カフェ、FR、居酒屋、CVS、スーパー)の2016年計の動向について分析・解説するレポートを販売します。

詳細・申込は、以下よりお問い合わせください。 https://www.npdjapan.com/contact-us/

マーケットトレンドレポートの詳細は以下のURLでご覧いただけます。 http://www.npdjapan.com/solutions/food/markettrendreport/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  2. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  3. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  4. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
ページ上部へ戻る