静岡県「農・食・健」に関する国際フォーラムを3月に開催。AI精密農業やアグロメディカルフーズなど

植物工場IT活用事例セミナー

 静岡県及び日本学術会議食料科学委員会農業情報システム学分科会は、国内外の先駆者を招き健康長寿に貢献する「農・食・健」連携による新しい産業の未来に関するフォーラムを開催する。

フォーラムでは、静岡県が進めるプロジェクトの進捗(AIや光計測技術など先端科学の農業分野への応用事例)や、日本学術会議による国際的観点からの医農連携の先端研究事例などを、農産物や食品の生産・流通・消費に関わる多くの人々に向けて広く発信します。

併せて、静岡県が進める東海大学旧開発工学部跡地(沼津市西野)に、平成29年夏開設予定の農・食・健連携による科学技術開発拠点を紹介します。
静岡県、「農・食・健」に関する国際フォーラムを3月に開催
開催概要
主 催:静岡県
共 催:日本学術会議食料科学委員会農業情報システム学分科会
日 時:平成29年3月21日(火) 10時~17時30分(9時20分開場)
会 場:ふじのくに千本松フォーラム(通称:プラサヴェルデ)(沼津市大手町1-1-4)
参加者:約300名(農業関係者、農業未参入者、学術教育関係者、金融機関等)
後 援:一般社団法人アグロメディカルフーズ研究機構、京都府立医科大学、東京農工大学、慶應義塾大学SFC研究所、理化学研究所、県内各関係機関、関連学協会(すべて予定)

詳細ウェブサイト
URL:http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310
申込案内PDF:
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310/documents/forum.pdf