静岡県「農・食・健」に関する国際フォーラムを3月に開催。AI精密農業やアグロメディカルフーズなど

 静岡県及び日本学術会議食料科学委員会農業情報システム学分科会は、国内外の先駆者を招き健康長寿に貢献する「農・食・健」連携による新しい産業の未来に関するフォーラムを開催する。

フォーラムでは、静岡県が進めるプロジェクトの進捗(AIや光計測技術など先端科学の農業分野への応用事例)や、日本学術会議による国際的観点からの医農連携の先端研究事例などを、農産物や食品の生産・流通・消費に関わる多くの人々に向けて広く発信します。

併せて、静岡県が進める東海大学旧開発工学部跡地(沼津市西野)に、平成29年夏開設予定の農・食・健連携による科学技術開発拠点を紹介します。
静岡県、「農・食・健」に関する国際フォーラムを3月に開催
開催概要
主 催:静岡県
共 催:日本学術会議食料科学委員会農業情報システム学分科会
日 時:平成29年3月21日(火) 10時~17時30分(9時20分開場)
会 場:ふじのくに千本松フォーラム(通称:プラサヴェルデ)(沼津市大手町1-1-4)
参加者:約300名(農業関係者、農業未参入者、学術教育関係者、金融機関等)
後 援:一般社団法人アグロメディカルフーズ研究機構、京都府立医科大学、東京農工大学、慶應義塾大学SFC研究所、理化学研究所、県内各関係機関、関連学協会(すべて予定)

詳細ウェブサイト
URL:http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310
申込案内PDF:
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-310/documents/forum.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  5. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  6. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
ページ上部へ戻る