情報技術開発、長距離無線通信など大型ハウスに対応した遠隔監視制御システムを販売

 情報技術開発株式会社の連結子会社であるTDIプロダクトソリューション株式会社(TDIPS)は「遠隔監視制御システム」EA1シリーズに新機能としてセンサーの長距離無線通信、CO2センサー、防塵・防水を追加したEA2シリーズを2016年11月初旬に発売する。
情報技術開発、長距離無線通信など大型ハウスに対応した遠隔監視制御システムを販売
【「遠隔監視制御システム」新機能開発の背景】
「遠隔監視制御システム」は、農業用ハウス内に設置したカメラや温度・湿度・土壌水分センサーのデータを、コントローラを介してスマートデバイスやPCに送信することで、その場所にいなくても農業用ハウス内の状態を知ることができるシステムです。

従来製品のEA1シリーズは小型ハウスでの使用を想定しておりましたが、大型ハウスや圃場での利用ニーズが高まったため、センサーとコントローラが600m(見通し距離)離れていてもデータ通信が行えるよう、EA2シリーズでは長距離無線通信に対応しました。

また、近年の栽培施設において、収穫量が増えるという観点からニーズの高まっているCO2濃度の管理に対応するため、新たにCO2センサーを追加開発しました。更に、露地栽培などの幅広い環境で使用できるよう、防塵・防水にも対応しました。

【「遠隔監視制御システム」新機能概要】
<センサーの長距離無線通信>

・従来のシステムで採用している周波数帯(2.4GHz)から、長距離通信が可能な周波数帯(920MHz)へ変更し、大型ハウスや広い圃場、障害物が多い環境でも安定した通信ができるようになりました。

<CO2センサー>
・CO2濃度の変化をリアルタイムで確認できるため、即時にCO2濃度管理の対策(炭酸ガス発生、換気など)を取ることが可能になりました。

<防塵・防水対応>
・IP64相当の防塵・防水性能基準に対応することにより、露地栽培や雨天の野外など、幅広い環境でシステムを活用できるようになりました。

※IP(= International Protection)
 IECの規格IEC60529(Degrees of Protection Provided by Enclosures)において規定されている、機械・器具などを対象とした、人体に対する接近の保護と、外来固形物や液体の侵入保護構造を等級で表すもの。「IP64」の場合、「完全な防塵構造でいかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない」を意味する。

【「遠隔監視制御システム」提供形態・販売予定価格】
システムは、お客様が導入したいセンサーの種類及び個数により価格が変わります。センサーは後から追加が可能です。

<EA2シリーズラインアップ>
◇サービスコントローラ(EA2-SV)  :11万5千円
◇温度・湿度・CO2センサー(EA2-CTH):5万5千円
◇土壌水分センサー(EA2-M)     :6万5千円
◇温度・湿度センサー(EA2-TH)   :3万円

<その他オプション(別売)>
◇カメラ
◇動体検知カメラパトランプ

<システム構成・価格例>
サービスコントローラ1点、温度・湿度・CO2センサー1点、土壌水分センサー1点の場合:23万5千円~
※価格は税抜き。また告知なく変更となる可能性があります。

■会社概要 TDIプロダクトソリューション株式会社について
「ものづくりソリューション」に特化した企業として2010年に情報技術開発株式会社より分社独立したものづくりのトータルプランナーです。独立以前より築いた40年以上にわたる制御機器開発を様々な分野に展開し社会に貢献し続けております。

商号 : TDIプロダクトソリューション株式会社
代表者: 代表取締役社長 廣田 豊
所在地: 神奈川県横浜市港北区新横浜二丁目5番地5
     住友不動産新横浜ビル7階
設立 : 2010年4月
資本金: 5,000万円
URL  : http://www.tdips.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  4. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  5. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  2. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る