パスコ、人工衛星を活用した「農地利用状況調査支援サービス」を提供開始

 株式会社パスコは、地球を周回し、定期的に地上を観測することに優れた人工衛星を活用した「農地利用状況調査支援サービス」を2016年8月より開始する。

農業従事者の高齢化や後継者不足、生産性などの課題解決に向け、規制緩和による農業経営の大規模化や機械化により生産効率を高め国際競争力の向上を図る取り組みが推進されています。

2009年(平成21年)には、農地法の改正が行われ、農地を最大限に有効活用するための遊休農地対策の強化として、農地の利用状況調査と利用意向調査が義務化されました。また、2016年度の農業委員会法の改正に伴い、遊休農地の発生防止・解消が「農地利用の最適化」の一つとして重点化されました。

そこでパスコは、地球を周回し、定期的に地球上の変化を観測できる人工衛星の有用性に着目し、農地の作付前後など最適な時期を任意に設定し変化量を抽出、農地利用の状況把握を効率的に行うための「農地利用状況調査支援サービス」の提供を開始します。
パスコ、人工衛星を活用した「農地利用状況調査支援サービス」を提供開始
■「農地利用状況調査支援サービス」の概要
本サービスは、人工衛星で撮影した調査年度の2時期の画像(1.5m解像度)と農地地番図(農政機関から借用)の2つの情報を重ね合わせた調査用の基礎資料を、PDFファイルと現地調査用図面によりご提供いたします。
調査用の基礎資料にはリモートセンシング技術を利用した、農作物を含む植物の強調表示(近赤外画像)の資料も提供。利用状況調査の効率向上を支援します。

■「農地利用状況調査支援サービス」の特長
1)人工衛星画像で調査年度の農地利用の状況を把握
4月~8月の間、日本全国を人工衛星で複数回撮影、撮影成果を保存(アーカイブ化)しているため、8月からの調査開始時点において作付前の比較が容易にできます。

2)2時期の人工衛星画像を使用することで農地の利用状況を把握
作付け時期を考慮した2時期の人工衛星画像を用いて、作付前の状況と作付後の状況を比較して、農地利用マップを自動で作成します。

3)利便性と即応性を考慮した納品形態
携帯性や保存性(ファイルングや報告書添付など)などの利便性を考慮し、A3もしくはA4規格でPDFファイルを提供します。また、全域を任意の縮尺でレイアウトした管内図もA1もしくはA0規格でPDFファイルにより提供します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  2. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る