Educo、農家と農業をしてみたい人のマッチングサービス「農ホリ」を開始

 株式会社Educoは農家と農業をしてみたい人のマッチングサービス「農ホリ」(http://no-holi.strikingly.com/)のサービスを開始した。農ホリは農業をしてみたいというユーザーに対して、農業を体験、手伝う機会を提供し、受け入れる農家さんは参加者に農作業を手伝ってもらう代わりに食事と宿泊場所を提供するサービス。
農ホリを利用するユーザーの参加費は無料で、受け入れる農家さんから参加者の滞在日数に応じた料金をいただくシステムとなっている。
Educo、農家と農業をしてみたい人のマッチングサービス「農ホリ」を開始
 農家さんの抱える課題の1つに人手不足があり、定植や収穫の繁忙期の人材の雇用が難しかったり、ライフスタイルの変化から今までのように繁忙期だけ家族が帰省し一家総出で農作業を手伝ったりするということも難しくなっています。

また、近年新規就農を目指す方が増えていますが農業のスキルや知識取得が課題の1つなっています。農ホリではそのような農家さんの繁忙期の人手不足を解消し、農業のスキルや知識を得たい方に対して学びの場を提供してまいります。

背景
 農家さんの抱える1つの課題に人手不足があります。特に農業は天候リスク、病気の発生リスクがあり、それが発生し万が一収量が減った場合、給与の支払が難しいということがありなかなか人を雇用できないということがあります。

また、農業は忙しい繁忙期と作物を栽培していない端境期が存在し、年間して人材を雇用できないという難しさもあります。更に収穫や定植などの繁忙期には家族総出で作業を行っておりましたが、近年のライフスタイルの変化によりそれも難しくなっており、短期的な労働力を確保することも難しくなってきています。このような背景から農家さんの人材確保は非常に難しい状況にあります。

 一方で新規就農を希望される方が少しずつですが増えてきています。そのような方にとって重要なのは農業の知識やスキルを学ぶ場です。新規就農して農業がなかなかうまくいなかい理由の1つに知識やスキル不足があげられます。また実際に新規就農して思ったより農業が難しいと気付く方も少なく無いと言われています。そのためにも事前に農業の知識・スキルを学び、実際に農業を体験する場が重要となるのです。

また農業をライフスタイルの1つと位置づけ農業を体験したいと思う方も増えています。その方は農業のできる場所や環境を探しており、そのような場を提供することで、それらニーズを満たしていきます。

農ホリは農家さんと農業を学びたい方や農業をやってみたい方をマッチングするとで、人手不足を解消し農業の知識・スキルを学び体験できる環境を提供します。

サービスの特徴
1.サービス利用料は無料
農業を体験するユーザーは無料でサービスを利用できます。

2.農業体験以上の農家体験
農ホリは農業体験だけでなく、農家に滞在するため、よりリアルな農家体験も可能になります。

3.農家さんは時間に滞在日数に応じたサービス利用料
農家さんは参加者の滞在日数に応じたサービス利用料をお支払いいただきますが、1人の参加者あたり数千円の利用料となり通常のアルバイトさんを雇用するよりも手軽に人材の確保ができます。また参加者への労働賃金の支払いは一切なく代わりに宿泊場所の提供と食事の提供を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  5. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  3. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る