パリに都市型農業を導入したグリーン・シティーが出現?! パリ市民に新たな価値観・ライフスタイルを提案

 フランス・パリの中心街が都市型農業を導入したグリーン・シティーに生まれ変わるかもしれない。今回、「パリ再生」という国際コンペティションにて、ジャック・フェリエ・アーキテクシャー等のチームが提案した「都市型農業や緑化エリアを導入した都市モデル」が優勝したのだ。

本コンペは、パリ市民の生活・仕事環境などを新しいライフスタイルに変革しようとする都市開発コンペであり、23のテーマに分かれて、それぞれにアイデアが募集されている。
パリに都市型農業を導入したグリーン・シティーが出現?! パリ市民に新たな価値観・ライフスタイルを提案パリに都市型農業を導入したグリーン・シティーが出現?! パリ市民に新たな価値観・ライフスタイルを提案
優勝プランのうち、同チームの提案デザインは、緑化をテーマにしたグリーン・シティーとなっている。公共部分には緑をテーマにした公園などを導入しながら、建物の屋上スペースでは都市型農業を実践する。また各建物フロアーのバルコニーでも家庭菜園や緑化を行い、多段式に緑が美しく見える形となっている。

 都市型農業により、町を美しく再建するだけでなく、植物による空気の浄化、農業を通じたパリ市民のコミュニティ・ネットワーク強化をはかる等、様々なメリットがあると主張している。

本アイデアが、すぐに実行されるわけではないが、勝利を得たチームには実証プロジェクトとして市内の建物をレンタル・購入することも可能である。連携を希望する企業などが出現すれば、将来的にはパリにグリーンシティ・エリアが実現するかもしれない。

Reinventer Paris 公式ページ: http://www.reinventer.paris/en/
※ 本記事の写真は公式ページより引用