オイシックス、栄養豊富スーパーフードのケールを活用した期間限定ラーメンメニューを販売

 オイシックス株式会社は、2年連続ミシュランに選ばれた人気ラーメン店「ソラノイロ」とコラボして、水耕栽培によるオイシックスのケール「かがやケール」を活用したラーメンメニュー「ソラへかがやケール」を1月14日~1月23日の期間限定、1日15食限定でソラノイロ本店で発売する。
オイシックス、栄養豊富スーパーフードのケールを活用した期間限定ラーメンメニューを販売

ケールは、別名「葉野菜の女王」と呼ばれるほど栄養価が豊富な食材
カルシウムやビタミンC、食物繊維が豊富に含まれており、特にβ-カロテンは同じアブラナ科のキャベツの約60倍。

美容効果がある“抗酸化作用”の高いβ-カロテンを豊富に含んでいる事で“食べる美容液“との異名も持ち、海外セレブをはじめ、現在アメリカで大ブーム、2016年日本でもブームが来るのでないかと言われるスーパーフードです。

 今回、ソラノイロとコラボした「ソラへかがやケール」は、オイシックスのケール「かがやケール」を具材にもスープにもふんだんに活用した、栄養価満点の一杯。

スープは、野菜と魚介だしの優しい淡麗スープに、苦味・えぐみが少ないオイシックスのケール「かがやケール」をペーストにして組み合わせ、具材には、生のケールやトマト、キャベツのマリネなど見た目にも鮮やかな野菜中心の具材を合わせました。

“苦い・まずい”はもう古い!
青汁だけじゃもったいない!食べやすくアレンジしやすい、国産ケール「かがやケール」

オイシックス、栄養豊富スーパーフードのケールを活用した期間限定ラーメンメニューを販売
8月末からオイシックスで発売をスタートした国産ケール「かがやケール」。
ケールは青汁の原料としても知られ、“苦い・まずい”のイメージが強いですが、「かがやケール」は、えぐみが少ない品種、かつ水耕栽培なので、葉が柔らかく、生のサラダとしてもそのまま美味しく召し上がれます。

油との相性も良いので、炒め物にももちろん、幅広い料理で活用でき、より栄養価高くお料理をお楽しみ頂けます。

現在は、販売サイトOisix(http://www.oisix.com/)でのみ販売している「かがやケール」を、多くの方に体感して頂きたいという想いから、今回、日本で初めて麺・スープ・トッピング全てに野菜を使ったベジソバなどを開発した人気ラーメン店「ソラノイロ」とコラボして、ケールラーメンの開発をいたしました。

<販売概要>
□商品名:「ソラへかがやケール」
□販売期間:1月14日(木)~1月23日(土)
□販売個数:15杯/1日 ※ランチタイム、ディナータイムの合計販売個数です
□金額:1000円(税込)
□対象店舗:ソラノイロ 本店 (Japanese soup noodle free style)
(東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1B)

<商品概要>
□商品名:おいしく食べてキレイをサポート「かがやケール」
□金額:380円(税抜)/1袋(70 g)
□URL: https://www.oisix.com/sc/kale
※ケール活用レシピを上記の特別ページで公開しております。ぜひご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  7. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  8. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る