マックス、はさみ本体を約15%軽量化・充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを発売

 マックス株式会社は、はさみ本体の重量を約15%軽量化した充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを11月9日から発売する。本シリーズは、2010年発売以降、ハイパワーを発揮する独自の「両刃可動(PAT)」により、梨や梅などの堅い枝でも楽にきれいに切断できることから販売数を拡大させている。
希望小売価格は、230,000円(+税)にて、全国のJA・種苗店・園芸店・農機店などを通じて販売していく。
マックス、はさみ本体を約15%軽量化・充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを発売マックス、はさみ本体を約15%軽量化・充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを発売

【開発の背景】
 農業従事者の高齢化や栽培作物・品種の多様化などにより、果樹(梨・柿・桃・梅・ぶどう・柑橘など)の剪定作業は、省力化や効率化が強く望まれています。当社では、2010年11月に、枝の堅い果樹にも対応した高い切断能力と建築ツールで培ったリチウムイオン電池の充電技術を活用したハイパワー・軽量電池・急速充電を実現した充電式剪定はさみ「ザクリオ」を発売。

さらに2011年11月には、ワイン用ぶどうのような細く混み合った枝の剪定に便利な「細枝モード」を搭載した機種を発売し、好評いただいております。しかし、脚立に乗りながら高所で不安定な姿勢を長時間続けることが多い剪定作業は、身体的な疲労度が高く、より一層の軽量化と取り回し易さが求められています。

 今回発売する商品は、このような要望に応えるため、「ザクリオ」の特長であるハイパワーで高い切断能力を有する「両刃可動(PAT)」などの機能はそのままに、はさみ本体を780gと従来機比 約15%もの大幅な軽量化を実現。本体全長も部品毎にサイズダウンをはかり、15mm小型化しました。これにより腕の疲れを軽減でき、女性でも枝処理作業ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  4. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  2. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
ページ上部へ戻る