マックス、はさみ本体を約15%軽量化・充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを発売

 マックス株式会社は、はさみ本体の重量を約15%軽量化した充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを11月9日から発売する。本シリーズは、2010年発売以降、ハイパワーを発揮する独自の「両刃可動(PAT)」により、梨や梅などの堅い枝でも楽にきれいに切断できることから販売数を拡大させている。
希望小売価格は、230,000円(+税)にて、全国のJA・種苗店・園芸店・農機店などを通じて販売していく。
マックス、はさみ本体を約15%軽量化・充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを発売マックス、はさみ本体を約15%軽量化・充電式剪定はさみ「ザクリオ」の新モデルを発売

【開発の背景】
 農業従事者の高齢化や栽培作物・品種の多様化などにより、果樹(梨・柿・桃・梅・ぶどう・柑橘など)の剪定作業は、省力化や効率化が強く望まれています。当社では、2010年11月に、枝の堅い果樹にも対応した高い切断能力と建築ツールで培ったリチウムイオン電池の充電技術を活用したハイパワー・軽量電池・急速充電を実現した充電式剪定はさみ「ザクリオ」を発売。

さらに2011年11月には、ワイン用ぶどうのような細く混み合った枝の剪定に便利な「細枝モード」を搭載した機種を発売し、好評いただいております。しかし、脚立に乗りながら高所で不安定な姿勢を長時間続けることが多い剪定作業は、身体的な疲労度が高く、より一層の軽量化と取り回し易さが求められています。

 今回発売する商品は、このような要望に応えるため、「ザクリオ」の特長であるハイパワーで高い切断能力を有する「両刃可動(PAT)」などの機能はそのままに、はさみ本体を780gと従来機比 約15%もの大幅な軽量化を実現。本体全長も部品毎にサイズダウンをはかり、15mm小型化しました。これにより腕の疲れを軽減でき、女性でも枝処理作業ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
ページ上部へ戻る