日鍛バルブが丹沢山系の名水を活用したLED植物工場が稼働。遊休施設を活用した経営の多角化へ

 植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは、エンジンバルブの設計・開発・製造大手メーカー日鍛バルブ株式会社が設立した人工光型植物工場による無農薬野菜生産・販売を目的とした株式会社Shune365(本社:神奈川県秦野市)に、最新型LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を50台納入した。
日鍛バルブが丹沢山系の名水を活用したLED植物工場が稼働。遊休施設を活用した経営の多角化へ
異業種からの植物工場事業参入にあたりキーストーンテクノロジーは、日鍛バルブ植物工場プロジェクトチームに事業企画立案段階からコンサルティング及び植物工場建設総合プロデュースを行い、9月から試験栽培を開始しました。
栽培装置納入後も栽培技術指導、マーケティング・ブランディング指導及び販売支援などShune365におけるビジネスプラットフォーム全体のコンサルティングを通して、日鍛バルブの掲げる「環境との共生のもとの企業発展」に寄与していきます。

 日鍛バルブが植物工場を導入したのは土地利用形態における様々な制約がある神奈川県秦野市にある平沢工場。創業67年を迎えるにあたり課題となっていた遊休物件の有効活用方法を模索していた同社植物工場プロジェクトチームメンバーに出会ったキーストーンテクノロジーは、植物工場ビジネス事業企画から植物工場仕様策定・建設プロデュースまで一貫してコンサルティング段階から参画。
独自開発したLED光源を利用した水気耕栽培ユニット「AGRI Oh!」(育苗用7段式及び生育用5段式)を計50台導入し、神奈川県内最大規模LED植物工場が秦野の地に誕生しました。

■株式会社Shune365 会社概要
会社名   : 株式会社Shune365(日鍛バルブ株式会社100%出資子会社)
代表者   : 代表取締役 伊藤 広生
所在地   : 〒257-0015 神奈川県秦野市平沢183-10 平沢工場内
設立    : 2015年4月21日
事業内容  : 農作物の生産・加工・販売並びに輸出入、他
資本金   : 8,000万円
URL     : http://shune365.co.jp
竣工月   : 2015年9月
工場面積  : 314.87m2
栽培ユニット: LED植物栽培ユニット「5段式AGRI Oh!」45台(生育用に使用)
        LED植物栽培ユニット「7段式AGRI Oh!」5台(育苗用に使用)
生産能力  : ミックスレタス日産約1,000パック
生産品目  : サラダ用機能性葉野菜、ハーブ類、エディブルフラワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  3. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  4. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  5. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  6. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
ページ上部へ戻る