日鍛バルブが丹沢山系の名水を活用したLED植物工場が稼働。遊休施設を活用した経営の多角化へ

 植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは、エンジンバルブの設計・開発・製造大手メーカー日鍛バルブ株式会社が設立した人工光型植物工場による無農薬野菜生産・販売を目的とした株式会社Shune365(本社:神奈川県秦野市)に、最新型LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を50台納入した。
日鍛バルブが丹沢山系の名水を活用したLED植物工場が稼働。遊休施設を活用した経営の多角化へ
異業種からの植物工場事業参入にあたりキーストーンテクノロジーは、日鍛バルブ植物工場プロジェクトチームに事業企画立案段階からコンサルティング及び植物工場建設総合プロデュースを行い、9月から試験栽培を開始しました。
栽培装置納入後も栽培技術指導、マーケティング・ブランディング指導及び販売支援などShune365におけるビジネスプラットフォーム全体のコンサルティングを通して、日鍛バルブの掲げる「環境との共生のもとの企業発展」に寄与していきます。

 日鍛バルブが植物工場を導入したのは土地利用形態における様々な制約がある神奈川県秦野市にある平沢工場。創業67年を迎えるにあたり課題となっていた遊休物件の有効活用方法を模索していた同社植物工場プロジェクトチームメンバーに出会ったキーストーンテクノロジーは、植物工場ビジネス事業企画から植物工場仕様策定・建設プロデュースまで一貫してコンサルティング段階から参画。
独自開発したLED光源を利用した水気耕栽培ユニット「AGRI Oh!」(育苗用7段式及び生育用5段式)を計50台導入し、神奈川県内最大規模LED植物工場が秦野の地に誕生しました。

■株式会社Shune365 会社概要
会社名   : 株式会社Shune365(日鍛バルブ株式会社100%出資子会社)
代表者   : 代表取締役 伊藤 広生
所在地   : 〒257-0015 神奈川県秦野市平沢183-10 平沢工場内
設立    : 2015年4月21日
事業内容  : 農作物の生産・加工・販売並びに輸出入、他
資本金   : 8,000万円
URL     : http://shune365.co.jp
竣工月   : 2015年9月
工場面積  : 314.87m2
栽培ユニット: LED植物栽培ユニット「5段式AGRI Oh!」45台(生育用に使用)
        LED植物栽培ユニット「7段式AGRI Oh!」5台(育苗用に使用)
生産能力  : ミックスレタス日産約1,000パック
生産品目  : サラダ用機能性葉野菜、ハーブ類、エディブルフラワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  4. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
ページ上部へ戻る