日鍛バルブが丹沢山系の名水を活用したLED植物工場が稼働。遊休施設を活用した経営の多角化へ

 植物工場システム開発・製造の株式会社キーストーンテクノロジーは、エンジンバルブの設計・開発・製造大手メーカー日鍛バルブ株式会社が設立した人工光型植物工場による無農薬野菜生産・販売を目的とした株式会社Shune365(本社:神奈川県秦野市)に、最新型LED植物栽培ユニット「AGRI Oh!(アグリ王)」を50台納入した。
日鍛バルブが丹沢山系の名水を活用したLED植物工場が稼働。遊休施設を活用した経営の多角化へ
異業種からの植物工場事業参入にあたりキーストーンテクノロジーは、日鍛バルブ植物工場プロジェクトチームに事業企画立案段階からコンサルティング及び植物工場建設総合プロデュースを行い、9月から試験栽培を開始しました。
栽培装置納入後も栽培技術指導、マーケティング・ブランディング指導及び販売支援などShune365におけるビジネスプラットフォーム全体のコンサルティングを通して、日鍛バルブの掲げる「環境との共生のもとの企業発展」に寄与していきます。

 日鍛バルブが植物工場を導入したのは土地利用形態における様々な制約がある神奈川県秦野市にある平沢工場。創業67年を迎えるにあたり課題となっていた遊休物件の有効活用方法を模索していた同社植物工場プロジェクトチームメンバーに出会ったキーストーンテクノロジーは、植物工場ビジネス事業企画から植物工場仕様策定・建設プロデュースまで一貫してコンサルティング段階から参画。
独自開発したLED光源を利用した水気耕栽培ユニット「AGRI Oh!」(育苗用7段式及び生育用5段式)を計50台導入し、神奈川県内最大規模LED植物工場が秦野の地に誕生しました。

■株式会社Shune365 会社概要
会社名   : 株式会社Shune365(日鍛バルブ株式会社100%出資子会社)
代表者   : 代表取締役 伊藤 広生
所在地   : 〒257-0015 神奈川県秦野市平沢183-10 平沢工場内
設立    : 2015年4月21日
事業内容  : 農作物の生産・加工・販売並びに輸出入、他
資本金   : 8,000万円
URL     : http://shune365.co.jp
竣工月   : 2015年9月
工場面積  : 314.87m2
栽培ユニット: LED植物栽培ユニット「5段式AGRI Oh!」45台(生育用に使用)
        LED植物栽培ユニット「7段式AGRI Oh!」5台(育苗用に使用)
生産能力  : ミックスレタス日産約1,000パック
生産品目  : サラダ用機能性葉野菜、ハーブ類、エディブルフラワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  4. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る