愛知県農業総合試験場、水耕栽培にて多発する高温性ピシウム属菌の検出キットを開発

 愛知県農業総合試験場は「養液栽培における高温性水媒伝染病害の安全性診断マニュアルの策定」共同研究グループに参加し、水耕栽培施設等で繰り返し発生し被害をもたらす、高温性ピシウム属菌を簡易に検出できる技術を開発した。この技術を用いた、3種類の「高温性ピシウム属菌プライマーセット」が、7月17日に株式会社ニッポンジーンから販売される。

愛知県農業総合試験場、水耕栽培にて多発する高温性ピシウム属菌の検出キットを開発

高温性ピシウム属菌プライマーセットの1例

野菜・花き類の水耕栽培では、夏季高温期に高温性ピシウム病の発生が近年増加しています。原因菌である3種類の高温性ピシウム属菌は、水耕液を介して瞬く間に施設全体に広がるため、発見が遅れると防除が難しくなります。早急な対策をとるためには、水耕液内の病原菌を予防的に検出することが有効です。

病原菌の検出は、土や水・植物から病原菌を分離・培養し、菌糸等の形態の観察や、培養温度への反応を調べることなどによって行いますが、労力や時間がかかり、専門知識も必要となるため、4〜5日間が必要でした。

そこで、当研究グループは、DNA増幅法のひとつであるLAMP法を用い、高温性ピシウム属菌の簡易検出法を開発しました。この方法を利用すれば、およそ1時間で3種類の高温性ピシウム属菌のうち、どの病原菌が感染しているかを検出することが可能です。

(1)高温性ピシウム病の原因菌である3種のピシウム菌は、土壌や用水などに生息しています。この菌に感染すると植物の根が腐敗するため、生育不良となり、進行すると枯死します。野菜(トマト、ミツバ、ネギなど)や花き(切りバラ、ポインセチアなど)で被害例が報告されています。

(2)高温性ピシウム属菌は40℃以上で生育でき、35℃前後が生育最適温度です。高温性ピシウム病は35℃前後で激しく発病します。

詳細URL: http://www.pref.aichi.jp/0000081877.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  9. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る