四国計測工業、低カリウムレタスの植物工場を建設・海外市場への輸出も

 四国計測工業は、完全人工光型植物工場における低カリウムレタスの生産事業を開始するため、低カリウムレタス栽培技術を有するドクターベジタブルジャパン株式会社とフランチャイズ契約を締結した。同社では現在、本社敷地内に人工光型植物工場(工場名称「さぬき野菜工房」) を建設中で、今秋より生産を開始し、1年後にはフル生産を行う予定。

四国計測工業、低カリウムレタスの植物工場を建設・海外市場への輸出も

本施設は低カリウムレタスを栽培する植物工場としては西日本で、最大規模の4,500株/日(年間100トン)であり、生産した低カリウムレタスは、ドクターベジタブルジャパン株式会社を通じ「ドクターベジタブル」ブランドで販売される。

 今回の事業は経済産業省の補助事業「グローバル農商工連携推進事業」の採択や香川県の「企業誘致助成制度」の指定を受けており、ここで生産される低カリウムレタスは、クリーンルーム内での栽培のため付着菌数が著しく少なく長期保存が可能な特徴を活かして、国内での販売はもとより東南アジアを中心とした輸出も予定しています。

この事業は同社の新規事業の一環として行うもので、低カリウムレタスの提供により腎臓病の方々の食生活を豊かにする事業として社会的意義が高く、同社がこれまで半導体事業で培ってきたクリーンルーム管理技術や、コア技術である計測制御技術を活用できるビジネスと位置付けています。また、自社での植物工場の運営を通して栽培関連技術を習得し、省力化や生産性向上など植物工場の高度化のための次なるビジネスの創出を目指してまいります。

「さぬき野菜工房」の概要
・建屋面積 :1,289m2
・場所   :香川県仲多度郡多度津町南鴨200番地1 本社敷地内
・生産能力 :フル生産時 4,500株/日
・工場建設費:約4億円

「低カリウムレタス」とは・・・
 低カリウムレタスは、通常栽培のレタスに比べてカリウム含有量を極端に少なくしたもので、カリウムを豊富に含む生野菜や果物を食べることが制限されている慢性腎臓不全の方でも生食できる野菜です。日本には透析患者が約30万人、慢性的腎臓病患者が約1,300万人(人口の10人に1人)存在するため、大きな潜在需要を秘めています。

 また、低カリウムレタスは通常のレタスと比べて、苦味・えぐ味が少なく食感が良い上に、クリーンルームで栽培・密封包装するため洗う必要がなく日持ちが良い、などの特徴もあり、全国のデパート、スーパーや高級レストランでも採用が広がり、腎臓病の方以外への需要も見込まれております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  10. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る