四国計測工業、低カリウムレタスの植物工場を建設・海外市場への輸出も

 四国計測工業は、完全人工光型植物工場における低カリウムレタスの生産事業を開始するため、低カリウムレタス栽培技術を有するドクターベジタブルジャパン株式会社とフランチャイズ契約を締結した。同社では現在、本社敷地内に人工光型植物工場(工場名称「さぬき野菜工房」) を建設中で、今秋より生産を開始し、1年後にはフル生産を行う予定。

四国計測工業、低カリウムレタスの植物工場を建設・海外市場への輸出も

本施設は低カリウムレタスを栽培する植物工場としては西日本で、最大規模の4,500株/日(年間100トン)であり、生産した低カリウムレタスは、ドクターベジタブルジャパン株式会社を通じ「ドクターベジタブル」ブランドで販売される。

 今回の事業は経済産業省の補助事業「グローバル農商工連携推進事業」の採択や香川県の「企業誘致助成制度」の指定を受けており、ここで生産される低カリウムレタスは、クリーンルーム内での栽培のため付着菌数が著しく少なく長期保存が可能な特徴を活かして、国内での販売はもとより東南アジアを中心とした輸出も予定しています。

この事業は同社の新規事業の一環として行うもので、低カリウムレタスの提供により腎臓病の方々の食生活を豊かにする事業として社会的意義が高く、同社がこれまで半導体事業で培ってきたクリーンルーム管理技術や、コア技術である計測制御技術を活用できるビジネスと位置付けています。また、自社での植物工場の運営を通して栽培関連技術を習得し、省力化や生産性向上など植物工場の高度化のための次なるビジネスの創出を目指してまいります。

「さぬき野菜工房」の概要
・建屋面積 :1,289m2
・場所   :香川県仲多度郡多度津町南鴨200番地1 本社敷地内
・生産能力 :フル生産時 4,500株/日
・工場建設費:約4億円

「低カリウムレタス」とは・・・
 低カリウムレタスは、通常栽培のレタスに比べてカリウム含有量を極端に少なくしたもので、カリウムを豊富に含む生野菜や果物を食べることが制限されている慢性腎臓不全の方でも生食できる野菜です。日本には透析患者が約30万人、慢性的腎臓病患者が約1,300万人(人口の10人に1人)存在するため、大きな潜在需要を秘めています。

 また、低カリウムレタスは通常のレタスと比べて、苦味・えぐ味が少なく食感が良い上に、クリーンルームで栽培・密封包装するため洗う必要がなく日持ちが良い、などの特徴もあり、全国のデパート、スーパーや高級レストランでも採用が広がり、腎臓病の方以外への需要も見込まれております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  3. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  3. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る