北海道日立システムズと太田精器、農作物被害防止「新鳥獣害対策ソリューション」を販売

 北海道日立システムズと太田精器は、専用装置を使って点滅発光と威嚇音によりエゾシカやヒグマなどの鳥獣を農地から遠ざけ、農作物を保護する「新鳥獣害対策ソリューション」を販売する。

近年、北海道では、エゾシカをはじめとする野生動物による農林業の被害が拡大傾向にあり、2013年度のエゾシカによる被害額は約60億円(出典:北海道環境生活部 環境局 エゾシカ対策課 平成25年度野生鳥獣による被害情報調査結果)に上るなど大きな社会問題となっている。

通常は被害を防ぐため、電気牧柵を設置することが一般的であるが、設置や張り直しに手間がかかるほか、飛び越えられたり、くぐりぬけられたりするという問題があるだけでなく、単純な威嚇装置ではエゾシカが慣れてしまい効果が薄れてしまうという問題もあった。

 太田精器は、野生動物による農作物被害を軽減するため、LED鳥獣忌避装置「モンスタービーム」を開発し、2011年から販売してきた。本装置は、不規則に点滅する赤、青、黄、白4色のLED照明と、猛獣の鳴き声や銃声などの威嚇音を不規則に組み合わせて鳥獣を追い払う装置となっている。また、北海道日立システムズによる北海道全域にわたる販売・営業ネットワーク、アフターサービスを提供するために、ビジネスパートナーとして協業した。

 「新鳥獣害対策ソリューション」は、太田精器のLED鳥獣忌避装置「モンスタービーム」と、監視カメラや録画装置、通信装置などを組み合わせて提供するソリューションとなっている。農地に近づいた野生動物の様子を録画し、メールでPCやスマートフォンに通知する機能を有しているため、自宅にいながら農地の状況を映像で監視でき、簡易的な防犯装置としても活用することも可能。また、マイクロ波センサーを利用しているため、雨・砂・雪など野生動物以外の要因によって装置が誤作動するリスクを大幅に低減しています。

 北海道日立システムズが北海道内で農業関連ビジネスを展開している日立キャピタル株式会社などと連携して、農家やJA(農業協同組合)、自治体などへ販売し、装置の設置、不具合時の修理・交換対応、問い合わせ対応などを含めてワンストップでサポートしていく。

■道内に設置されたモンスタービーム
北海道日立システムズと太田精器、農作物被害防止「新鳥獣害対策ソリューション」を販売

■標準価格(税抜)
 基本モデル(モンスタービーム単体):60万円/台から
 標準モデル(モンスタービーム(マイクロ波センサー)+カメラ):135万円/台から
 拡張モデル(標準モデル+録画機能):170万円/台から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  3. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
ページ上部へ戻る