北海道日立システムズと太田精器、農作物被害防止「新鳥獣害対策ソリューション」を販売

 北海道日立システムズと太田精器は、専用装置を使って点滅発光と威嚇音によりエゾシカやヒグマなどの鳥獣を農地から遠ざけ、農作物を保護する「新鳥獣害対策ソリューション」を販売する。

近年、北海道では、エゾシカをはじめとする野生動物による農林業の被害が拡大傾向にあり、2013年度のエゾシカによる被害額は約60億円(出典:北海道環境生活部 環境局 エゾシカ対策課 平成25年度野生鳥獣による被害情報調査結果)に上るなど大きな社会問題となっている。

通常は被害を防ぐため、電気牧柵を設置することが一般的であるが、設置や張り直しに手間がかかるほか、飛び越えられたり、くぐりぬけられたりするという問題があるだけでなく、単純な威嚇装置ではエゾシカが慣れてしまい効果が薄れてしまうという問題もあった。

 太田精器は、野生動物による農作物被害を軽減するため、LED鳥獣忌避装置「モンスタービーム」を開発し、2011年から販売してきた。本装置は、不規則に点滅する赤、青、黄、白4色のLED照明と、猛獣の鳴き声や銃声などの威嚇音を不規則に組み合わせて鳥獣を追い払う装置となっている。また、北海道日立システムズによる北海道全域にわたる販売・営業ネットワーク、アフターサービスを提供するために、ビジネスパートナーとして協業した。

 「新鳥獣害対策ソリューション」は、太田精器のLED鳥獣忌避装置「モンスタービーム」と、監視カメラや録画装置、通信装置などを組み合わせて提供するソリューションとなっている。農地に近づいた野生動物の様子を録画し、メールでPCやスマートフォンに通知する機能を有しているため、自宅にいながら農地の状況を映像で監視でき、簡易的な防犯装置としても活用することも可能。また、マイクロ波センサーを利用しているため、雨・砂・雪など野生動物以外の要因によって装置が誤作動するリスクを大幅に低減しています。

 北海道日立システムズが北海道内で農業関連ビジネスを展開している日立キャピタル株式会社などと連携して、農家やJA(農業協同組合)、自治体などへ販売し、装置の設置、不具合時の修理・交換対応、問い合わせ対応などを含めてワンストップでサポートしていく。

■道内に設置されたモンスタービーム
北海道日立システムズと太田精器、農作物被害防止「新鳥獣害対策ソリューション」を販売

■標準価格(税抜)
 基本モデル(モンスタービーム単体):60万円/台から
 標準モデル(モンスタービーム(マイクロ波センサー)+カメラ):135万円/台から
 拡張モデル(標準モデル+録画機能):170万円/台から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  2. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
ページ上部へ戻る