日鉄住金鋼板、植物工場関連企業と低コスト型人工光施設の開発へ

 日鉄住金鋼板は複数社と連携し、低コスト型植物工場装置開発を行う。同社では5月7日、農林水産省が実施する「H27年度、農業界と経済界の連携による先端モデル農業確立実証事業」に、同社が提案する鋼板・パネル技術を用いた連携プロジェクトが採択されたと発表した。

同社では、苗生産大手のベルグアース株式会社、株式会社朝日工業社、ツジコー株式会社、デザイナーフーズ株式会社とコンソーシアムを組成し「新規低コスト完全人工光型栽培装置の開発」を図る。ベルグアースでは、一部のトマト苗を人工光植物工場にて生産しており、ツジコーは子会社の日本アドバンストアグリにて、ストレス栽培による機能性野菜の生産を行っている。

 プレスリリースによると、ランニングコストが高くなる要因として、既存の閉鎖型植物工場で使用されている人工光は蛍光灯であるため電力費が、更にその蛍光灯の発熱により工場内の空調費が嵩むことが挙げられる。LED 照明化することで発熱は抑えられるが、栽培に必要な光強度の確保・光照射の均一性・波長組成による植物生育の違いという課題がある。

 日鉄住金鋼板は、これまでに各種機能性塗装鋼板・蓄熱蓄冷機能を有する省エネ壁パネルの開発に取り組んできた。これら上述の課題に対して、効率良く且つ均一に必要な強度の光が植物に届くような高反射型塗装鋼板の仕様検討を行い、照明LED 化を目指す。

また、蓄熱蓄冷機能を付与した新規パネル開発品を壁材として使用することで、もう一段の工場内空調負荷の低減を図る。更に、壁材の室内側鋼板に機能性塗装鋼板を適用して植物工場内の高衛生化を図り、植物の安定生産に結びつける、という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る