矢野経済研究所、有力農薬メーカーの個別実態などを調査した「2014年版 農薬産業白書」を発行

 矢野経済研究所では、2014年版農薬産業白書を発行した。本調査レポートでは、農薬市場の需要分野別市場動向(農耕地、非農耕地、家庭園芸等の需要分野毎に種類別市場構成比、需要動向等)、及び種類別市場動向(殺虫剤、殺菌剤、殺虫・殺菌剤、除草剤の種類別市場における需要分野別市場構成比、参入企業動向等)を調査した。

 また、2014年版では、近年、多くのITベンダーからのシステム提案がなされてきているICTを取り入れた新しい農業についても特集。こうした新しい営農経営スタイルは農薬業界にも無関係ではありません。農薬メーカー各社が展開する総合ソリューションビジネス動向と併せ、今後の農薬事業戦略検討への資料提供を目的として企画いたしました。

●資料のポイント
○特集掲載「注目されるICTを活用した新しい農業」
○法人営農増加で従来の営業・流通は行き詰まり感
○厳しさ続く国内市場を背景に各社アジアマーケットに注力
○各社取組が進む家庭菜園向け商品の充実
○農家ニーズを掴み普及拡大する「省力化薬剤」
○セグメント別営業力強化に取組む外資系メーカー動向
○原体・製剤、農・非農耕地等、総合農薬メーカー戦略
○需要分野(農・非農・家庭)別の種類別農薬構成比
○種類別農薬の需要分野市場構成比を掲載
○需要分野別・種類別農薬市場規模・市場予測
○参入企業の農薬事業戦略分析(国内外・生産・流通他)
○有力農薬市場参入28社の詳細個別企業動向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オランダにて中国版植物工場・日光温室が稼働。アジアの高湿度環境に対応可能な栽培技術を取得へ
     オランダのワーヘニンゲン大学を中心としたチームは4月12日、中国版の太陽光利用型植物工場をオランダ…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  5. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  6. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  10. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る