中国にて世界最大の植物工場建設計画が発表(自然エネルギーを利用した太陽光・多段式人工光施設/機能性野菜の研究も検討)

2013年5月6日、中国ハルピン市農業委員会によると、およそ100億元、日本円に換算すると1600億円(1元=16円とする)の世界最大の植物工場建設計画が発表されている(現在、新しい情報は公表されていない)。設備投資資金については、台湾財団法人で中国・台湾両国の交流発展基金会の集団投資により、最先端の太陽光利用型、LED光源を活用した閉鎖・多段式栽培施設の建設が予定されている。

中国にて世界最大の植物工場建設計画が発表(自然エネルギーを利用した太陽光・多段式人工光施設/機能性野菜の研究も検討)

<Photo Image:京鵬科技より>


施設上部にはソーラーパネルが設置され、発電した電気は施設内だけでなく、国の電気供給にも利用される。室内ではLED光源を利用した多段式の栽培・自動化システムが稼働し、その他にも地中熱を利用した最先端の実証施設となる予定


太陽光利用型施設では、1株あたりの生産量(年間)が数十キロ以上になるトマト、年間で5〜6回転が可能な稲の栽培、胡瓜やレタスなどが無農薬栽培される

またLED光源では、植物にとって最適な波長にコントロールすることで、レタスが播種から35日で収穫できるだけでなく、露地栽培レタスよりビタミンCが4倍、ビタミンAが12倍にも高めた機能性野菜の量産技術確立を目指す


投資資金の約100億元で、1320ha〜3300haの敷地面積の工場を建設予定としている。第一期建設面積は約66.6haとなり、その他として約6.6ha実験棟、約99.9haの観光農園施設、約0.3haの研究開発用地などが整備される。


ハルピン(人口:987.3万人)は、中国北部にある黒竜江省に位置し、黒竜江省の政治・経済の中心地である。鉄道路線がロシアまで続いているため、ロシア人も多く見受けられる。北部エリアであることから冬季の農業は非常に難しく、本施設によって冬季であっても葉野菜の供給がハルピンや周辺地域全体で可能になる、という。(参考:人民网_2013年5月7日より)


↓↓ 進出前の市場・ニーズ調査から現地法人設立までを支援(クリック) ↓↓
中国市場調査・進出支援サービス_バナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  8. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る