中国にて世界最大の植物工場建設計画が発表(自然エネルギーを利用した太陽光・多段式人工光施設/機能性野菜の研究も検討)

2013年5月6日、中国ハルピン市農業委員会によると、およそ100億元、日本円に換算すると1600億円(1元=16円とする)の世界最大の植物工場建設計画が発表されている(現在、新しい情報は公表されていない)。設備投資資金については、台湾財団法人で中国・台湾両国の交流発展基金会の集団投資により、最先端の太陽光利用型、LED光源を活用した閉鎖・多段式栽培施設の建設が予定されている。

中国にて世界最大の植物工場建設計画が発表(自然エネルギーを利用した太陽光・多段式人工光施設/機能性野菜の研究も検討)

<Photo Image:京鵬科技より>


施設上部にはソーラーパネルが設置され、発電した電気は施設内だけでなく、国の電気供給にも利用される。室内ではLED光源を利用した多段式の栽培・自動化システムが稼働し、その他にも地中熱を利用した最先端の実証施設となる予定


太陽光利用型施設では、1株あたりの生産量(年間)が数十キロ以上になるトマト、年間で5〜6回転が可能な稲の栽培、胡瓜やレタスなどが無農薬栽培される

またLED光源では、植物にとって最適な波長にコントロールすることで、レタスが播種から35日で収穫できるだけでなく、露地栽培レタスよりビタミンCが4倍、ビタミンAが12倍にも高めた機能性野菜の量産技術確立を目指す


投資資金の約100億元で、1320ha〜3300haの敷地面積の工場を建設予定としている。第一期建設面積は約66.6haとなり、その他として約6.6ha実験棟、約99.9haの観光農園施設、約0.3haの研究開発用地などが整備される。


ハルピン(人口:987.3万人)は、中国北部にある黒竜江省に位置し、黒竜江省の政治・経済の中心地である。鉄道路線がロシアまで続いているため、ロシア人も多く見受けられる。北部エリアであることから冬季の農業は非常に難しく、本施設によって冬季であっても葉野菜の供給がハルピンや周辺地域全体で可能になる、という。(参考:人民网_2013年5月7日より)


↓↓ 進出前の市場・ニーズ調査から現地法人設立までを支援(クリック) ↓↓
中国市場調査・進出支援サービス_バナー