家庭向け水耕栽培キットをリニューアル、多様なニーズに応えるためコンパクトなシリーズを販売(深見製作所)

株式会社深見製作所は、一般家庭向けの水耕栽培キット“NatureBox”シリーズから「NatureBox若菜」をインターネットの他、一般小売店でも2013年9月13日から販売を開始する以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

家庭向け水耕栽培キットをリニューアル、多様なニーズに応えるためコンパクトなシリーズを販売(深見製作所)

かんたん水耕栽培キット「NatureBox若菜」発売のお知らせ
株式会社深見製作所、土を使わない水耕栽培で、家庭で新鮮な野菜を収穫


株式会社深見製作所(代表/深見昌司 岐阜県)は、一般家庭向けの水耕栽培キット“NatureBox”シリーズから「NatureBox若菜」を2013年9月13日に新発売します。インターネットでの販売のほか、一般小売店でも販売を行います。公式サイトはhttp://www.naturebox.jp/


昨年、深見製作所では室内でおしゃれに野菜を育てられる水耕栽培キット“NatureBox(ネイチャーボックス)”シリーズを発売しました。毎日の食餌やその安全性に注目されている昨今、より幅広いニーズに応えられるように、同シリーズへ手軽さ・簡単さを追及した新製品の追加を行います。


NatureBox若菜はコンパクトなプランタータイプの栽培キットです。土を一切使わない水耕栽培であるため、手を汚すことなく種まきから収穫までを楽しめます。明るい出窓やベランダの軒下など、光が十分に当たる場所ならば約1ヶ月で柔らかく新鮮な野菜を食べることが出来ます。


本体は グリーン オレンジ ピンク の3色。インテリア性を重視した既存シリーズを意識して、シンプルなデザインを採用。室内で身近に扱ってもらえるよう、優しい色合いの3色をラインナップします。商品は肥料や専用のタネ、ポンプなど必要な物がすべてセットで付属しており、初めての方でもすぐに栽培を始められるキット構成です。


育てられる植物は葉物の野菜やハーブのほか、市販のタネを自由に使って花を育てることも可能です。専用のパッケージ品では、初めの同梱品のサニーレタスのほかに「みず菜」「小松菜」「バジル」など、6種類を取り揃えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  9. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る