国内における受刑者向けの園芸プログラム:就業支援のための実習・社会復帰が目的

前回は、米国や世界における受刑者向けの園芸プログラムに関する記事を掲載したが、今回は国内おける農業実習教育による自立支援プログラムについて紹介したい。
 
 
国内では法務省を中心に「自立更生促進センター構想参考記事)」なるものがある。保護観察所に宿泊施設を整備して、主に刑務所を仮釈放になった人を一定期間受け入れ、そこに宿泊させながら、専門家である保護観察官の指導・管理下のもとで、確実な更生と円滑な社会復帰につなげていこうというもの。(その他:法務省だより
 
 
中でも、2008年10月、法務省が国営初の少年向け更生保護施設として開設した沼田町就業支援センターでは、園芸治療と職能を身につけさせるために、農業実習による自立支援を行っているセンターによる実習支援を経て、既に大規模農家や近隣の食品加工会社に就職した少年達もいる。センターがある田沼町は、人口4000人弱で、人口減・農業後継者不足に悩む沼田町が協力する形で、こうした自立支援プログラムが実現した、という。
 
 
支援センターでは、保護観察官らが常駐し、少年たちはそこから毎朝、郊外の町営農場に通う。野菜やシイタケ栽培、肉牛飼育などが中心で、農場にとっては貴重な働き手でもある。門限や携帯電話禁止などの制限はあるが、自由時間の外出などは可能。実習手当を蓄えて自動車免許の教習所に通う者もいる。
 
 
当然の反応だが、当初は住民にも不安があったという。そこは、継続的な粘り強い町民説明会により理解を住民が深め、今では町内の行事などにも参加し、地域住民との交流もあるようだ。北海道にある沼田町就業支援センターでは、少年院のみに対する支援だが、現在では、刑務所を出所する成人を対象とした支援プログラムもあり、北九州市や茨城県ひたちなか市にもセンターが整備されている
 
 
こうした農業自立支援プログラム(園芸プログラム)では、心身ともに健康体を獲得でき、再犯率の減少にもつなげることができる。政府や自治体だけでなくNPO等も、受刑者向け・高齢者向けの園芸(治療)プログラムを充実させることで、栽培した農作物を病院食やレストランなどに販売して利益を得ながら、一部をフードバンクやその他のコミュニティを通じてホームレスに食事を寄付するような社会貢献事業が実現・普及することを可能だろう
 
※ 参考記事:大分合同新聞(2009年9月25日)

刑務所の出所者が農業研修を受ける「茨城就業支援センター」が茨城県ひたちなか市に完成し、来週から受け入れを始める。法務省によると、国立の更生保護施設としては北海道沼田町、北九州市に次いで3カ所目。初めて厚生労働省や農林水産省と連携し、出所者の社会復帰を支援する。
 
センターは水戸刑務所の近くに設置。法務省保護局によると、受け入れるのは成人男性の仮出所者や満期出所者で、定員12人。受刑中に問題がなく、農業で生計を立てていく意思が条件だ。食事は無償提供される。
 
入所期間は原則6カ月で、農水省が紹介する茨城県内の農家に毎日通う。公共職業訓練として農作業の研修を受け、厚労省の関連団体が手当を支給。研修が終われば、両省が農業法人などへの就職をあっせんすることになっている。法務省の担当者は「経済的に自立できれば再犯率はぐっと下がる。3省がうまく連携し、農業の仕事に就けるよう努力したい」と話している。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  3. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
ページ上部へ戻る