新規事業として日清紡が発電事業で地域社会に貢献 徳島事業所に 1.75 メガワットのメガソーラー完成

完全制御型植物工場にていちごの生産を手掛けていいる日清紡ホールディングスが、別の新規事業として発電事業に参入する。今回、徳島事業所内に、最大出力1.75メガワット・一般家庭約 600 世帯分の電力を賄うことができる大規模太陽光発電所(メガソーラー)が完成し、発電事業で地域社会に貢献している。以下に同社によるプレスリリースを掲載する。

徳島事業所に1.75メガワットのメガソーラー完成 〜発電事業で地域社会に貢献〜
2013年7月29日



発電事業で地域社会に貢献
徳島事業所に1.75メガワットのメガソーラー完成


このたび日清紡ホールディングス徳島事業所内に大規模太陽光発電所(メガソーラー)が完成し、本日7月29日より営業運転を開始しますのでお知らせいたします。
このメガソーラーの最大出力は1.75メガワット(1,750キロワット)で、発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用し、全量を四国電力に売電します。年間の発電量は約216万キロワット時となり、一般家庭約 600 世帯分※の電力を賄うことができます。


発電事業で地域社会に貢献 徳島事業所に 1.75 メガワットのメガソーラー完成

今回完成したメガソーラーは、当社グループの中核会社である日清紡メカトロニクスが設置事業者となって建設しました。同社は太陽電池パネル製造装置メーカーとして国内外の大手パネルメーカーに製造装置を納入していますが、昨年からは設置ビジネスにも進出しています。設置ビジネスで得た経験や知見を製造装置や材料の開発に活かすなど、当社グループの太陽光ビジネスをより一層強化し、これからも太陽光発電システムの発展に一層貢献していきたいと考えております。

■概要
名称 日清紡ホールディングス株式会社徳 島事業所 太陽光発電所
所 在 地 徳島県徳島市川内町中島635(徳島事業所内)
敷 地 面 積 34,564平方メートル
最 大 出 力 1.75メガワット(1,750キロワット)
発 電 量 約 216万キロワット時(年間予想)
パネル枚数 7,840枚
運 転 開 始 2013年7月29日

徳島事業所は1958(昭和33)年に化繊工場として操業を開始し、現在では繊維事業、紙製品事業、化学品事業における当社グループの基幹工場となっています。その一方、完全制御型植物工場で一季成りいちご「あぽろべりー®」の栽培に国内で初めて成功させたり、必要な電力をすべてクリーンエネルギーで賄うスマートファクトリーの実証実験施設も併設したりと、当社グループのこれからの成長エンジンとなる新規事業の開発にも注力しています。

以上

※一世帯当たりの電力消費量を年間約3,600キロワット時として算出(出典:電気事業連合会)

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
ページ上部へ戻る