新規事業として日清紡が発電事業で地域社会に貢献 徳島事業所に 1.75 メガワットのメガソーラー完成

完全制御型植物工場にていちごの生産を手掛けていいる日清紡ホールディングスが、別の新規事業として発電事業に参入する。今回、徳島事業所内に、最大出力1.75メガワット・一般家庭約 600 世帯分の電力を賄うことができる大規模太陽光発電所(メガソーラー)が完成し、発電事業で地域社会に貢献している。以下に同社によるプレスリリースを掲載する。

徳島事業所に1.75メガワットのメガソーラー完成 〜発電事業で地域社会に貢献〜
2013年7月29日



発電事業で地域社会に貢献
徳島事業所に1.75メガワットのメガソーラー完成


このたび日清紡ホールディングス徳島事業所内に大規模太陽光発電所(メガソーラー)が完成し、本日7月29日より営業運転を開始しますのでお知らせいたします。
このメガソーラーの最大出力は1.75メガワット(1,750キロワット)で、発電した電力は再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用し、全量を四国電力に売電します。年間の発電量は約216万キロワット時となり、一般家庭約 600 世帯分※の電力を賄うことができます。


発電事業で地域社会に貢献 徳島事業所に 1.75 メガワットのメガソーラー完成

今回完成したメガソーラーは、当社グループの中核会社である日清紡メカトロニクスが設置事業者となって建設しました。同社は太陽電池パネル製造装置メーカーとして国内外の大手パネルメーカーに製造装置を納入していますが、昨年からは設置ビジネスにも進出しています。設置ビジネスで得た経験や知見を製造装置や材料の開発に活かすなど、当社グループの太陽光ビジネスをより一層強化し、これからも太陽光発電システムの発展に一層貢献していきたいと考えております。

■概要
名称 日清紡ホールディングス株式会社徳 島事業所 太陽光発電所
所 在 地 徳島県徳島市川内町中島635(徳島事業所内)
敷 地 面 積 34,564平方メートル
最 大 出 力 1.75メガワット(1,750キロワット)
発 電 量 約 216万キロワット時(年間予想)
パネル枚数 7,840枚
運 転 開 始 2013年7月29日

徳島事業所は1958(昭和33)年に化繊工場として操業を開始し、現在では繊維事業、紙製品事業、化学品事業における当社グループの基幹工場となっています。その一方、完全制御型植物工場で一季成りいちご「あぽろべりー®」の栽培に国内で初めて成功させたり、必要な電力をすべてクリーンエネルギーで賄うスマートファクトリーの実証実験施設も併設したりと、当社グループのこれからの成長エンジンとなる新規事業の開発にも注力しています。

以上

※一世帯当たりの電力消費量を年間約3,600キロワット時として算出(出典:電気事業連合会)

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  8. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  9. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
ページ上部へ戻る