フランスの世界最大のコスメティックバレーをモデルに、佐賀県の唐津市で化粧品関連産業の6次産業化へ

唐津市は、地元企業などと協力して、化粧品産業を集積した「日本版コスメティックバレー構想」を進めるため、官民一体となった組織「ジャパン・コスメティックセンター(JCC)の設立準備会が実施され、地元の化粧品会社、県、玄海町、九州経済産業局、唐津商工会議所、九州大、佐賀大などが参加した。


ジャパン・コスメティックセンター(JCC)では、フランス中部・シャルトル市を中心とした世界最大の化粧品産業集積地(コスメティックバレー)をモデル事例とし、4月12日には協力連携の協定を締結している。協会の運営ノウハウなどを吸収するのが主な目的である。


唐津市などによると、仏コスメティックバレーでは、半径150キロ圏内に原材料を栽培する農家、製造工場、研究機関などが集積しており、約20年前に設立された地元の協会には、製造関係などの約550社、6大学、約200の研究機関が加盟している


シャネルやディオール、ニナ・リッチなどの世界的な有名ブランドも名を連ねており、現在の地域全体の製品出荷額は年間2兆3400億円を誇り、フランスでは、航空機に次いで化粧品が2番目の産業という。


ジャパン・コスメティックセンター(JCC)は2013年10月の設立予定としており、構想では、中国やインドなどアジアの新興市場での販路拡大に主眼を置く。現在、フランスで製造された化粧品は、船便で40日程度をかけて香港へ運ばれた後、アジア各国へ流通している。輸送には、冷蔵コンテナが必要で、コストもかかるという。(参考:7月28日 読売新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  7. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
ページ上部へ戻る