特殊反射板によるLED光源を採用した植物工場システムの開発。省電力技術と市販部品を採用することでコスト削減を実現(藤電気)

宮城県栗原市にある電気工事会社の株式会社藤電気では、反射板を工夫して効率を高めたLED光源の植物工場を開発した。同社が提案するシステムは、同レベルの性能を持つ他のLED栽培装置に比べ、電気代を3割ほど節約できるという。部品すべてに市販品を使ったことで価格も大幅に抑えた。


栽培装置は、高さ1.4メートル、幅0.9メートル、奥行き0.5メートルのアルミパイプ製で、植物を置くプレートが3段になっており(各段のLEDを3列、1列当たり1ワット16個)光源は高輝度の白色LEDを採用した。消費電力の少ないLED電球を使い、反射率の高いアルミ板で覆うことで、植物に効率良く光があたるように工夫した。現在、主流となっている蛍光灯の栽培装置に比べ、電気代は6分の1程度で済むという。


同社は、明治大農学部の伊藤善一専任講師の協力を得るとともに、同市の新製品創出事業にも認められ、480万円の補助を受けた。実証実験は、温度や湿度を管理していない通常の民家で実施し、平均室温15.8度、同湿度48.8%でルッコラ、ミズナなどを栽培した。その際の電気代は約840円。レタスなら5〜6キロ、ルッコラなら1.5〜2キロの収穫が可能である、という。


価格約50万円で、今春にも販売を開始する。試作機を使ったレタスやルッコラ、水菜の栽培実験では、種まきから30日ほどで約20センチに成長。伊藤専任講師は「サラダ用のベビーリーフとして出荷できる大きさ。今後はイチゴなどでも栽培実証したい」と話す。


同社・社長は「反射板の加工も地元企業に依頼した。寒い地域でも効果的に栽培できるオプション機能も春までに完成させ、同時に発売できるようにしたい」と話す。(参考:2013年2月1日、読売新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  2. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  7. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
ページ上部へ戻る