特殊反射板によるLED光源を採用した植物工場システムの開発。省電力技術と市販部品を採用することでコスト削減を実現(藤電気)

宮城県栗原市にある電気工事会社の株式会社藤電気では、反射板を工夫して効率を高めたLED光源の植物工場を開発した。同社が提案するシステムは、同レベルの性能を持つ他のLED栽培装置に比べ、電気代を3割ほど節約できるという。部品すべてに市販品を使ったことで価格も大幅に抑えた。


栽培装置は、高さ1.4メートル、幅0.9メートル、奥行き0.5メートルのアルミパイプ製で、植物を置くプレートが3段になっており(各段のLEDを3列、1列当たり1ワット16個)光源は高輝度の白色LEDを採用した。消費電力の少ないLED電球を使い、反射率の高いアルミ板で覆うことで、植物に効率良く光があたるように工夫した。現在、主流となっている蛍光灯の栽培装置に比べ、電気代は6分の1程度で済むという。


同社は、明治大農学部の伊藤善一専任講師の協力を得るとともに、同市の新製品創出事業にも認められ、480万円の補助を受けた。実証実験は、温度や湿度を管理していない通常の民家で実施し、平均室温15.8度、同湿度48.8%でルッコラ、ミズナなどを栽培した。その際の電気代は約840円。レタスなら5〜6キロ、ルッコラなら1.5〜2キロの収穫が可能である、という。


価格約50万円で、今春にも販売を開始する。試作機を使ったレタスやルッコラ、水菜の栽培実験では、種まきから30日ほどで約20センチに成長。伊藤専任講師は「サラダ用のベビーリーフとして出荷できる大きさ。今後はイチゴなどでも栽培実証したい」と話す。


同社・社長は「反射板の加工も地元企業に依頼した。寒い地域でも効果的に栽培できるオプション機能も春までに完成させ、同時に発売できるようにしたい」と話す。(参考:2013年2月1日、読売新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る