LED型の植物工場システムをロシア企業へ納入。地下の閉鎖施設にてレタスやベビーリーフを生産(三菱化学・三菱樹脂)

三菱化学は11月27日、LED型植物工場システムをロシアの樹脂成形企業に納入したと発表した。運営する現地企業は、地下の閉鎖施設にてベビーリーフやレタスを生産。クリーンルームに近い環境で生産することにより日本と同じような水洗い不要な高付加価値野菜を周年・安定的に出荷可能となる。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


三菱化学、ロシア・ミール社にLEDを使用した植物工場システムを販売

三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)は、LEDを使用した植物工場システムの販売を開始し、その第1号機をロシア・サンクトペテルブルグ市Mir Upakovki社(以下「ミール社」。詳細は別紙参照)に販売いたしました。


今般、ミール社に販売した三菱化学の植物工場システムは、ミール社サンクトペテルブルグ工場の地下フロア全面を改修して設置され、内部を適温に保つ空調設備、水を循環濾過して再利用する水処理設備など、野菜の栽培に必要な各種設備を完備しています。また、光合成の光源となる照明設備はすべてLEDを使用しており、日照が少なく気温が低い冬季(サンクトペテルブルグ市の1月の平均最高/最低気温:−5.1℃/−10.7℃)でも新鮮な野菜を常に収穫できる点が評価され、このたび導入が決定されました。

今般の植物工場システムの部材は、株式会社三菱ケミカルホールディングスの連携強化の一環として、三菱樹脂株式会社の各種樹脂製品を使用しています。


今回の栽培品種はベビーリーフおよびレタスです。ウレタン樹脂を用いた栽培ベッド上に、極めて高い密度で播種する独自の超密植栽培技術により、単位面積あたりの高い収量を実現しています。また、クリ−ンな環境下で水耕栽培をおこなっていることから、収穫後は洗浄せずに口にできるため、ベビーリーフの場合、一般的な露地栽培の品と比べても十分なコスト競争力を持っています。


ミール社とは本年2月から協議を開始し、4月以降、設計指導を行いながら部材の製作に取り掛かり、8月に本格着工いたしました。9月初頭の完成後、試運転期間を経て、9月末からベビーリーフを、次いで10月からレタスの収穫を開始しております。収穫された野菜はミール社の社員食堂にてサラダとして提供しているほか、今後は社外への野菜供給ビジネスを検討しています。

今後三菱化学は、お客様のご要望と設置場所の諸条件を踏まえた仕様のカスタマイズを行いながら、植物工場を広く国内外に販売してまいります。


【ミール社概要】
社名:Mir Upakovki CJSC(ミール ウバコフキ)
設立:1999年
所在地:ロシア サンクトペテルブルグ州 188650、ミクロライオン セルトロボ、ペソティナヤ通り、14−1番
代表:Oleg Olegovich Lavinyukov
オーナー:Alexander Veniaminovich Bayanov,Igor Evgenyevich Gusev
資本金:7百万US$
売上高:66百万US$
主要事業:プラスチック製品の成型、加工


【植物工場の概要】(ミール社導入事例)
品目:ベビーリーフ、レタス
設置場所:ミール社サンクトペテルブルグ工場 福利厚生棟地下フロア
面積:355m2(107坪)
収量:24Kg/日(ベビーリーフ)、3Kg/日(レタス)
播種から収穫までの日数:20日(ベビーリーフ)、35日(レタス)


【植物工場使用部材】
液肥循環タンク:ヒシプレート(R)
レタス用水槽(プランター):ヒシメタル(R)加工品
※ヒシプレート(R)、ヒシメタル(R)は三菱樹脂株式会社の登録商標です。


※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  4. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  8. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. KOMPEITO、オフィス向けプレミアム野菜サービスを提供開始
     農業の活性化を目指す、株式会社KOMPEITOは、働く人や企業の健康を促す、オフィス向けプレミアム…
  2. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る