植物工場システムの海外市場への展開、昨年度のロシアに続き香港企業への販売へ・人工光によるベビーリーフの生産へ(三菱化学)

三菱化学株式会社は昨年のロシア企業に続いて、中国・香港特別行政区・Vegetable Marketing Organization社へ植物工場システムを販売した。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

三菱化学、香港のVMO社へ植物工場システムを販売
香港Vegetable Marketing Organization社への植物工場の販売について

三菱化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:石塚 博昭、以下「三菱化学」)は、植物工場システムを中国・香港特別行政区・Vegetable Marketing Organization社(以下「VMO社」)に販売いたしました。植物工場システムの海外での販売例としては、2012年11月27日に発表いたしました、ロシア・Mir Upakovki社に続く2例目となります。

今般、VMO社に販売した三菱化学の植物工場システムは、香港市内にVMO社が所有する野菜出荷場の2階から3階部分の一部を改修して設置されました。内部を適温に保つ空調設備、水を循環濾過して再利用する水処理設備、屋内での野菜の栽培を可能にする照明設備などを完備しており、既存の野菜出荷場の設備を流用することで、栽培から包装、出荷までの一連のプロセスが1つの建物の中でできるようになっています。


栽培品種はベビーリーフです。狭い空間でも高い収量を得られる点や、消費地の近さによる輸送コストが削減できる点、水耕栽培により清潔さが保たれ、洗浄せずとも口にできる点から、三菱化学の植物工場システムにより栽培されたベビーリーフは、高いコスト競争力を有しています。


VMO社とは2012年6月に販売契約を締結し、同年10月に本格着工いたしました。11月初頭の完成後、試運転期間を経て、12月下旬に初収穫を終えました。収穫された野菜はVMO社から香港市内のホテル、デパート、高級スーパーなどに販売を始めています。今後三菱化学は、お客様のご要望と設置場所の諸条件を踏まえた仕様のカスタマイズを行いながら、植物工場システムを広く国内外に販売してまいります。

※ 詳細は同社によるプレスリリース(日経プレスリリース)をご参照下さいませ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  7. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. アサガオから花の寿命を調節する遺伝子を発見、切り花の長期保存技術への応用も
     鹿児島大と農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所(茨城県つくば市)の研究グループは7月1日、アサ…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る