信州大学がアグリウェーブ/グリーンファーム社と共同で福祉施設向けの砂栽培による植物工場を開発。第1号機は千葉の老人ホームへ納入

信州大学繊維学部の谷口彬雄名誉教授・特任教授らのグループは、アグリウェーブ株式会社株式会社グリーンファームとの共同研究により、「福祉施設向けの砂栽培による植物工場」の開発に関する発表を行った。


<概要>
同「福祉施設向けの砂栽培による植物工場」の開発は、地域イノベーション戦略支援プログラム・グローバル型(第II期)(旧知的クラスター創成事業(第II期)平成19〜23年度)、経済産業省:平成21年度先進的植物工場施設整備費補助金事業による研究開発成果です。本仕様の福祉施設向けの植物工場の1号機は、グレースメイト松戸(介護付き有料老人ホーム、住所:千葉県松戸市旭町1丁目193番地)に納入されました


<研究開発成果の内容>
開発した植物工場は、一般的な農工商ベースの植物工場ではなく、児童福祉施設、老人福祉施設、障害者福祉施設、知的障害者更生施設などの「福祉施設」向けの植物工場です。

植物栽培ユニットは、栽培が簡単で連作栽培が可能な「砂栽培床」とし、栽培棚の高さを車椅子利用者に合わせるなど、福祉施設の特殊性を考慮しつつ、作業性や収量確保のための生産管理に配慮した仕様としました。今回の植物工場は、福祉施設のロビーまたは個室内に設置します。
具体的な仕様は以下のとおりです。


○ 砂栽培床方式
・連作障害が少なく、高生産回転率を確保
・栽培は砂、液肥、水のみで肥料の無駄がない
・砂栽培床のため栽培床からの溶液・水の漏れこぼれがない
・砂の特性により最適な根圏環境が保持できる
・冷暖房がほとんど不要(住環境内への設置)


○作業性への配慮
・車椅子に合わせた栽培棚の高さ設計
・AC100V で施設ロビーや施設内の個室にも設置可能
・初心者、高齢者、軽度障害者でも作業可能
・作業性の簡易化、クリーン化(きれい・簡単・安全)



<開発の背景と期待される応用>
今回の植物工場は福祉施設に併設する植物工場のモデルとなるものであり、以下のコンセプトにより開発を行いました。

○福祉施設併設型植物工場のコンセプト
・車椅子などによる作業など、福祉施設の特殊性を考慮し、生き甲斐や潤いのある人生に繋がる専用植物工場
・高齢者の生き甲斐の一助
・機能回復リハビリ機能
・高齢者の相互交流のきっかけ作りを目指す


信州大学先進植物工場研究教育センターは、今後、種々の福祉施設に適応した福祉施設併設型植物工場を企業等と共同研究開発を行っていきます。


<用語解説>
○信州大学先進植物工場研究教育センター(SU−PLAF)
経済産業省 平成21年度先進的植物工場施設整備費補助金事業で整備された全国8拠点のひとつ。

先進植物工場研究センターを拠点として世界標準(40ft)冷凍コンテナを用いた自立的完全制御型植物工場の研究開発、植物生育技術開発と植物工場関係企業、団体、事業者に対する人材養成を行っている。


○先進植物工場研究センター整備事業
植物工場の設置・運営に必要な課題を克服するための研究開発及び植物工場に取り組む地域の事業者等を支援するための技術指導、人材育成、情報提供等の取組を促進するため、必要となる施設、設備、機器等の整備の事業に要する経費を負担することにより、植物工場を普及させ、もって地域経済の活性化を図ることを目的としている。


平成21年度「先進的植物工場施設整備費補助金」による採択事業拠点一覧
・独立行政法人産業技術総合研究所
・地方独立行政法人青森県産業技術センター
・国立大学法人千葉大学
・国立大学法人東京農工大学
・学校法人明治大学
・国立大学法人信州大学
・公立大学法人大阪府立大学
・国立大学法人島根大学
・国立大学法人愛媛大学

※ 参考:日経プレスリリースより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  4. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. ドーワテクノス、太陽光を有効活用した新しい農業資材。光合成促進調光ネットの国内販売を開始
     産業用設備の総合技術商社である株式会社ドーワテクノス(本社:福岡県北九州市、社長:小野裕和)は、台…
  3. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る