中部電力とIIJ、ICTを活用した稲作支援に関する実証実験を開始

 中部電力株式会社と株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、2020年3月まで、静岡県磐田市・袋井市内において、ICTを活用した稲作支援に関する実証実験を共同で実施する。

多数の水田を保有する農家や農業経営体では、水管理作業や生育状況の把握等の労働負荷が大きな課題となっています。このため、農作業の省力化に資するサービスの開発を目的に、実証実験を行います。

中部電力とIIJ、ICTを活用した稲作支援に関する実証実験を開始
具体的には、水田に設置した水位等を測定する各種機器(水田センサーや給水弁等)のための無線基地局を電柱に設置し、インターネット経由で水田の水位・水温の把握や給水弁の開閉制御を可能とする通信インフラを整備しました。

加えて、Webカメラや気象センサーを電柱に設置し、水田センサーだけでは収集できないより正確な水田の状況の把握も可能としました。

本実証実験では、中部電力は、電柱に設置した無線基地局、Webカメラ、気象センサーや水田に設置した機器の保守を行い、保守に関する技術的検証や、Webカメラ、気象センサーに関するお客さまニーズの検証を行います。

IIJは、水位・水温など水田の状況の可視化、給水制御を実現する「ICT水管理システム」を開発し、システム導入前後における効果を検証します。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。