カテゴリー:海外市場

  • インドネシア・ジャカルタにて唐辛子の都市型農業プログラムを開始

    インドネシア・ジャカルタにて唐辛子の都市型農業プログラムを開始

     中央ジャカルタ市では、1.7ヘクタールの土地を都市型農業エリアとして整備する。市では、空いている施設や土地を経済活動に利用するプログラムをスタートさせ、まずは農地として唐辛子の生産を支援する。 インドネシアでは唐辛子…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 韓国にて国産にこだわる地域密着型の八百屋の現状

    韓国にて国産にこだわる地域密着型の八百屋の現状

     最低気温が氷点下になる2月中旬、小売店舗や直売所を視察するために韓国ソウルを訪問したことから、その調査の一部として、ある地元の八百屋を訪問した内容を紹介する。 白い息を吐きながら一生懸命に呼び込みをしている地元ソ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アグア商事と中国江蘇省農業科院加工所など、鮮度保持・空間静電場技術の研究センターを設立

    アグア商事と中国江蘇省農業科院加工所など、鮮度保持・空間静電場技術の研究センターを設立

     食品の鮮度保持を実現する空間静電波技術『DENBA+』のアグア商事株式会社と、同社の製品を販売する中国現地法人の鲜立达保鲜科技有限公司、中国江蘇省農業科院加工所は、DENBA+食品鮮度保持応用研究センターの設立の締結と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ

    植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ

     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の開発・販売を行っているベンチャー企業だが、今月末に750万ドルの資金調達に成功した。同社は2015年に設立し、ニュージャ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 地産地消Farm-to-Tableを実現する「塚田農場」がハワイにオープン

    地産地消Farm-to-Tableを実現する「塚田農場」がハワイにオープン

     株式会社エー・ピーカンパニーは、2017年3月上旬に契約農場より仕入れた野菜を使用し、日本の「塚田農場」同様新鮮さと栄養価を保ったままお客様のテーブル料理を届けることにこだわった「塚田農場ファーマーズキッチン(英語名:…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化

    オーストラリア、農業分野の人材獲得競争が激化。注目はエンジニアリング人材

     米国でも農作業員の人材不足を危惧し、さらなる自動化を進める生産者が増えているが、農業大国のオーストラリアでも、今までとは異なる専門性を持つ大学卒業生の人材獲得競争が激化している。 米国の農業ビジネス、トランプ発…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ヤンマーと三井物産によるミャンマー現地合弁企業が事業展開。世界7位のコメ生産国を狙う

    ヤンマーと三井物産によるミャンマー現地合弁企業が事業展開。世界7位のコメ生産国を狙う

     ヤンマー株式会社は、三井物産株式会社との連携のもと、ミャンマー連邦共和国において販売会社を設立し、本格的に現地でビジネスを展開していく。 ミャンマーは、世界第7位の米の生産量を誇っており、今後は農作物の収穫量アップに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 富士通、ミャンマーの農作物の生産性向上に向け灌漑用水の水位把握の実証を実施

    富士通、ミャンマーの農作物の生産性向上に向け灌漑用水の水位把握の実証を実施

     富士通は、ミャンマーのタウングー(Taungoo)地方において、灌漑用水と河川の水位情報を簡易に管理できる2種類の実証実験を2016年下旬から2017年1月31日にかけて行い、このたび本実証の協力機関であるミャンマー農…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • サイエスト、インドのコールドチェーン改革を開始。40%の食品ロス削減へ

    サイエスト、インドのコールドチェーン改革を開始。40%の食品ロス削減へ

     グローバルビジネス専門コンサルティングを行っているサイエスト株式会社は、インドに日本のコールドチェーン(低温流通体系)のシステムを展開するプロジェクトをスタートする。 ■プロジェクトスタートの背景 インドは世界…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 農作物の海上輸送・鮮度保持電場装置付リーファーコンテナの販売を開始

    農作物の海上輸送・鮮度保持装置付きリーファーコンテナの販売を開始

     海上輸送コンテナの企画・設計・販売を手掛ける、SPDコンテナ事業開設準備室(神戸市東灘区、代表中川純一)は、鮮度保持装置付きリーファーコンテナの販売を開始した。同社では既に、昨年8月より香港へ桃・メロン・ぶどう等の輸出…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  9. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る