新たなドーム型植物工場を開発するグランパファームに日本政策金融公庫が1億円を融資/生産効率が2倍になる新型ドームハウスを独自開発

日本政策金融公庫は6月10日、神奈川県秦野市の(有)グランパファームに同県では初となる農林漁業者向け資本的劣後ローン1億円を融資した。グランパファームはレタスなどの葉菜類をハウスで生産する農業法人。今回、生産効率が2倍になる新型ドームハウスを独自開発した。先進的な植物工場として収益性向上と省力化を目指している。
 

 
公庫の資本的劣後ローンは、新規性・チャレンジ性の高い農林水産事業を行う法人を支援するもので、出資に近い融資制度。21年2月から始めて今回で28例目。公庫では「今後も新たなチャレンジへの融資をすすめ、その先進的取り組みを広報していきたい」(農林水産事業本部)としている。以下、詳細情報である。
 

日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は、植物工場を営む有限会社グランパファームに対し、神奈川県内で初めて農林漁業者向け資本的劣後ローン1億円を融資しました。グランパファームが独自開発したドーム型ハウスが2倍の生産効率を保有し収益の向上に取り組んでいる点を先進性の高い事業として評価し、支援したものです。
 
1 企業の概要
企業名:有限会社グランパファーム
住所:神奈川県秦野市戸川594
概要
有限会社グランパファームはレタスなどの葉物野菜をハウスで生産する農業生産法人で、独自の栽培技術・生産方式を開発して事業に取り組んでいます。

今回、2倍(当社従来製品比)の効率生産が可能な新型ドーム型ハウスを独自に開発しました(裏面参照)。新型ハウスは、円形の水槽に栽培棚を放射状に配列されていることが特徴で、生育後の苗の密集状態を防止することによって、1)苗の植え替えを省力化、2)植物の成長速度を促進、3)農薬使用を最低限に抑制、といった効果が見込まれます。新型ハウスによる先進的な植物工場での栽培方法の確立を目指しています。
 
2 農林漁業者向け資本的劣後ローンの概要
平成21年2月から取り扱いを開始しているこの制度は、特に新規性・チャレンジ性が高い 事業に取り組む農林漁業者を支援するものです。融資期間は18年間。当初8年間は元本返済がありません。担保・保証人は不要で、利率は融資後1年ごとに毎期決算状況に応じて適用されます。資本的劣後ローンは、仮に法的倒産が起きた時に、償還順位が他の債務に劣後するなど出資に近い融資制度で、融資額の一部を自己資本とみなすことができるため、農林漁業者の財務の充実に役立ちます。
日本公庫は、広く農林漁業の発展に寄与すると同時に先進的な事業に取り組む農林漁業者の皆さまを、本制度により積極的に支援していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  5. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  6. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  9. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  10. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る