新たなドーム型植物工場を開発するグランパファームに日本政策金融公庫が1億円を融資/生産効率が2倍になる新型ドームハウスを独自開発

日本政策金融公庫は6月10日、神奈川県秦野市の(有)グランパファームに同県では初となる農林漁業者向け資本的劣後ローン1億円を融資した。グランパファームはレタスなどの葉菜類をハウスで生産する農業法人。今回、生産効率が2倍になる新型ドームハウスを独自開発した。先進的な植物工場として収益性向上と省力化を目指している。
 

 
公庫の資本的劣後ローンは、新規性・チャレンジ性の高い農林水産事業を行う法人を支援するもので、出資に近い融資制度。21年2月から始めて今回で28例目。公庫では「今後も新たなチャレンジへの融資をすすめ、その先進的取り組みを広報していきたい」(農林水産事業本部)としている。以下、詳細情報である。
 

日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は、植物工場を営む有限会社グランパファームに対し、神奈川県内で初めて農林漁業者向け資本的劣後ローン1億円を融資しました。グランパファームが独自開発したドーム型ハウスが2倍の生産効率を保有し収益の向上に取り組んでいる点を先進性の高い事業として評価し、支援したものです。
 
1 企業の概要
企業名:有限会社グランパファーム
住所:神奈川県秦野市戸川594
概要
有限会社グランパファームはレタスなどの葉物野菜をハウスで生産する農業生産法人で、独自の栽培技術・生産方式を開発して事業に取り組んでいます。

今回、2倍(当社従来製品比)の効率生産が可能な新型ドーム型ハウスを独自に開発しました(裏面参照)。新型ハウスは、円形の水槽に栽培棚を放射状に配列されていることが特徴で、生育後の苗の密集状態を防止することによって、1)苗の植え替えを省力化、2)植物の成長速度を促進、3)農薬使用を最低限に抑制、といった効果が見込まれます。新型ハウスによる先進的な植物工場での栽培方法の確立を目指しています。
 
2 農林漁業者向け資本的劣後ローンの概要
平成21年2月から取り扱いを開始しているこの制度は、特に新規性・チャレンジ性が高い 事業に取り組む農林漁業者を支援するものです。融資期間は18年間。当初8年間は元本返済がありません。担保・保証人は不要で、利率は融資後1年ごとに毎期決算状況に応じて適用されます。資本的劣後ローンは、仮に法的倒産が起きた時に、償還順位が他の債務に劣後するなど出資に近い融資制度で、融資額の一部を自己資本とみなすことができるため、農林漁業者の財務の充実に役立ちます。
日本公庫は、広く農林漁業の発展に寄与すると同時に先進的な事業に取り組む農林漁業者の皆さまを、本制度により積極的に支援していきます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  2. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る