新規事業として廃校を利用したシイタケ栽培に力をいれる農機メーカー/みのる産業。LEDを利用したシイタケ害虫駆除装置も開発

田植え機などの農機メーカーであるみのる産業(売上高:63億6800万円<2009年9月期>は新規事業として、シイタケの生産事業に力を入れている企業の一つ。国内農業の長期にわたる生産規模縮小を受けて農機の売上高はじりじりと減少。本業の技術力を生かした新分野で長期的な収益安定を狙っている。
 
 
シイタケ生産では、兵庫県北部・豊岡市の山あいに立つ中学校の廃校舎を転用した但東工場を運営しており、棚に並んだ食パンのような菌床ブロックを作業員が一つ一つ手に取り、6つの面に生えたシイタケをハサミで切り取っていく。「カサの開き方が収穫の目安。シイタケは日々、成長するので収穫作業は365日」と上世秀一工場長は話す。
 
 
廃校を利用した但東工場は本格稼働して2年以上が経過している。おがくずと栄養剤を固めたものに菌を植える菌床栽培を採用。セ氏20〜22度で100日間培養した後、18日間の収穫と10日間の休養を最大で4回繰り返す。かつての体育館や教室などが培養室や収穫のための発生室になっている。約30人で年間25万個の菌床を培養し、シイタケ180トンを出荷する。2010年9月期は1億5000万円の売り上げを見込む。
 

シイタケ害虫(キノコバエ)を「光」と「におい」で確実に捕獲

参入のきっかけはシイタケ栽培向けの捕虫器の開発(商品情報だった。栽培の研究を始めたところに今の但東工場の売却情報が入り、買い取った。シイタケは大きさがまちまちで収穫の機械化が難しいため、エノキダケやシメジ栽培のような大手企業が少ない。中国産シイタケの残留農薬問題による国産シフトの追い風もあった。今の課題は効率的な栽培法の確立とスーパーや外食産業との直接取引の拡大である。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ
     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  2. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る