米国で飲まれる1日4億杯のコーヒーかすを利用して都市型キノコ栽培にチャレンジするカリフォルニアのベンチャー(BTTR Ventures社)

前回は米国の都市型農業(アーバンファーム)についてご紹介したが、今回は都市型キノコ栽培(Urban Mushroom Farm)にチャレンジするカリフォルニアを拠点とするベンチャー企業、BTTR Ventures を紹介しようと思う。同社はソーシャル(社会貢献型)アグリベンチャーとして有名な企業の一つであるウィキペディアにも詳細が記載されている)。
 
 
BTTR(ベター) Ventures のBTTR(ベター)は “Back to the Roots” の略で、2009年に設立したベンチャー企業。サステナブルな都市型農業(アーバンファーム)ならぬ、アーバン・マッシュルーム・ファームを提案しているユニークな企業。同社が推進するサステナブルな部分は、キノコ栽培の培地に、使用済みのコーヒーをリサイクル利用しており、家庭でも栽培できる小型のキノコ栽培キットや農業用の土壌改良剤を販売している。
 

 
同社では上記のようなキノコ栽培キットを販売している。栽培しているものは、oyster mushroom、日本で言うところのヒラタケを栽培するキットである。米国でもメジャーなキノコであり、どこのスーパーでも安価で売れているキノコである。栽培キットの販売価格は2000円ほど。栽培方法も超簡単で、箱から取り出し、一日2回霧吹きで表面を濡らしてあげるだけ。10日間で収穫可能となり、室内の光があまり当たらない所でも栽培可能である。葉野菜のように蛍光灯のような人工光を長時間照射する必要もないので、簡単に短期間で栽培でき、エコでもある。
 
 
なんと、米国だけでも、1日に4億杯のコーヒーが飲まれている、と推計されており<コーヒーに関する統計はこのサイトに詳しく記載>、使用済みコーヒーをリサイクルするアイデアは素晴らしい。同社は現在、カリフォルニアを活動拠点としており、ベイエリアの地元のコーヒーショップから、週に約3トン以上の使用済みコーヒー(粉)を回収している。
 
 
サステナブルなキノコ栽培キットを利用して、学校への出張講座や子供達とのワークショップも定期的に開催しており、非常に評判が良いようだ。トマトや葉野菜を栽培する体験農業はあっても、キノコが栽培できる経験はできないからだ。また、収穫までに1ヶ月以上も観察・手入れする必要がなく、たった10日間で収穫・結果が見える、という点も子供達の農業や食育・栄養学などを学ぶには、手軽なツールとなっている。その他、地元のローカルビジネス支援にも積極的に参加しており、ソーシャルベンチャーとしては有名な企業の一つだろう。
 
 
以下、日立ファウンデーションの記事より一部を引用。

都市部で農業を行うアレックスとニキールは、自分たちの住む都市が排出する廃棄物を回収するだけでなく、都市に住む人々の就労機会を増やすことも重要であ ると考えている。
 
BTTR Venturesは、地元コミュニティのために地元産の新鮮でヘルシーな食品を提供し、フードスタンプ(政府が生活保護者に発行する食糧配給券)を受け付け、すべての消費者が彼らの製品を利用できることを確実にしている。
 
さらに同社は、事業利益の多くを地元のコ ミュニティに寄付として戻す計画である。また、BTTR Venturesは、カリフォルニア州のバークレー市とオークランド市で小学生を対象に1対1の個別指導を提供する組織、「セイジ・メンターシップ・プロジェ クト」の活動に積極的に関与している。さらに、都市部で高賃金の仕事を創出すると共に、地域の低所得層の雇用に焦点を合わせた雇用プログラムにも参加して いる。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  5. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  2. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  3. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  4. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
ページ上部へ戻る