特定波長のLED光源(植物工場)にて、葉野菜だけでなく果実や穀物の栽培実験を行うオランダのPlantLab社

オランダのPlantLab社では特定波長のLED光源(フィリップス社の特注製品)を利用して葉野菜だけでなく、トマトやイチゴ、ナスや穀物類(トウモロコシ)など、様々な作物の栽培実験を行っている。基本的な栽培方法は水耕であり、一部は多段式の植物工場も整備されている。
 
 
日本においても、全面的にLEDを採用した植物工場は商業的には存在しない(一部に赤色LEDを採用している工場はある。また、全てLEDのみで栽培したケースも実験レベルでは多数あり)。海外でも米国などの一部の企業がLEDのみで栽培した葉野菜を販売しているものの、蛍光灯ランプと比較して導入するために大きな投資コストが負担となり、採算性のあうビジネスを展開することは現状では非常に厳しい。
 
 
それでも将来的にはLEDの高輝度化・低価格化が進み、作物によって最適な光波長や栽培環境(CO2濃度や気温・室温など)のデータが蓄積されれば、光合成を行うクロロフィルの(潜在的な)利用効率を9%から18%にまで、つまり2倍にまで高めることは可能だという(同社による)。
 
 
そして、新しいコンセプトの都市型農業(多段式・水耕栽培)を実現するべく、ビジネスに役立つソフトウェアの開発も同時に行われている。本ソフトウェアは市場価格によって、どの作物を選択・栽培すべきか、経営者へリアルタイムに情報提供してくれるものである。
 
 
簡単に説明すると、例えば異常気象によって葉野菜の市場価格高騰が予測される場合、栽培から収穫が可能な30日後の予測販売価格、他の野菜を栽培した場合との売上予測シミュレーションなどが全て自動的に表示される、といったものである。今後も同社からの実験結果が報告された場合、当WEBサイトにて掲載していきたいと考えております。
 
[Plant Lab] vertical LED farming / growing peppers, tomatoes and strawberries

[Plant Lab] vertical LED farming / growing peppers, tomatoes and strawberries[Plant Lab] vertical LED farming / growing peppers, tomatoes and strawberries


 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  3. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  4. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
ページ上部へ戻る