UAEの今後の農業政策。食料自給率は36%/野菜:14%、穀物:40%、そして果物の自給率はゼロという政府公式調査

UAEを含め中東湾岸諸国(GCC)は、2008年に世界的な食糧価格の高騰に苦しんだ。こうした突然の食料価格高騰にも対応できるように政府が進めていることが、途上国の農地を買収・リースすることである。UAEは、スーダンに大規模なファーム・プロジェクトを進行中であり、すでに大きな投資が実行されている。
 
 
政府によると、スーダンにおけるUAEのファーム・プロジェクトで確保されている土地は、首都のハルツーム以外にも、東部アフリカ大陸のアラブ諸国にも農地が点在しており、合計で2,800平方kmと推定されている。Arab Organization for Agricultural Development (AOAD)によると、本プロジェクトの農地面積は、UAE国内の合計耕作面積を超えており、国の面積である8,200平方kmの3.1%にも及ぶという。また、このプロジェクトを推進するために、UAEによって設立されたスーダン現地企業に対して、既に6000万ドルの投資が行われているようだ。
 
 
こうした海外農地への展開と同時に、政府が去年発表したことは、突然の食料価格高騰に対する影響を緩和させるために、3か月分の食糧確保・備蓄ができる施設を建設する、というものであった。しかし、問題なのは、備蓄する食糧のほとんどが海外からの輸入品であることだ
 
 
途上国を中心とした農地確保や世界からの食料輸入、そして可能な限りの自国内での生産が重要」と考えるのは、アブダビの経済開発局Department of Economic Development (DED)の上級経済研究員であるAlaa El Din Moussaである。同氏は、もはや資金の問題ではなく、近い未来の食糧問題に対して、たとえ経済的に資金確保が難しくとも、安定的な食料確保を最優先しなければならない、とも主張している。
 
 
最近、経済開発局Department of Economic Development (DED)が、102の食品について調査したところ、自国内で生産された野菜が14%、砂糖が33%、穀物が40%、卵や調理用油が50%、といった自給率であった。特に、果物の自給率はゼロであり、その全てが周辺諸国などからの輸入に頼っていた。2009年のUAE全体的な食料自給率は36%である。
 
 
先ほどのMoussa氏によると、重要なのはリスク分散、柔軟な食料戦略を実行することである。海外農地にばかり投資が集まるのも問題であり、多くの水資源を使用する穀物生産は難しくとも、野菜や果物といった作物の生産は自国内でも進めていくべきだ、という主張である。中東湾岸地域は、気候や水資源の枯渇から、農業が難しいことは理解できるが、それでも様々な栽培技術を導入しながら、国内生産に取り組んでいる事例もある、という。確かに、本WEBサイトでも、UAEの水耕栽培施設に関する情報を掲載した(例:Emirates Hydroponics Farmsの記事
 
 
しかしUAE現地の農家・生産者の実情は異なり、経営的にも非常に苦しく、小規模・家族経営農家は栽培作物を変え、さらには農業自体を辞めるケースも多い。また国内農家への支援(資金や制度)も少なく、灌漑といったインフラ整備が行われていない場所も多い。一部の政府関係者は、農家向けの金融機関を新たに設立し、安い金利で貸し付けるサービスを充実させ、長期的には国内生産・自給率を高めていきたい、と主張する者もいるが、本音の部分での国内農家支援の優先順位は低いようだ。
 
 
現在、UAEも含めGCC諸国で世界のオイル資源による富の45%を握っているというが(NCBキャピタルによると)、こうした潤沢にある資金は、自国の経済成長や新たな産業確立のために充てられる。わざわざ厳しい条件下で、少ない自国内の農家を支援しても、GDPや雇用促進にどれほどの影響があるのか、この点を疑問視する人が多いのである。
 
 
国連食糧農業機関(FAO)によると、67億人から90億人(2050年予測)へ世界人口が増加した場合、生産者は現在の生産量から70%以上も増やす必要があると主張している。GCCの湾岸中東諸国だけで考えても、GCCの6カ国は世界で最大の食糧輸入国であり、2009年では合計で300億ドルを超える費用を費やしている
 
 
将来的にも食料確保が最重要課題であることは間違いないが、サウジアラビアやUAEといった国では国内農業よりも、海外農地の獲得を重視しているように見える。それでも大規模な施設栽培(恐らく、水耕が適しているだろう)にて、国内だけでなく海外にも農作物(再輸出や加工品も含め)を輸出する成功企業が増えるにつれて、国内農家・生産者への見方や風向きも変わってくるのかもしれない。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る