UAE国内生産は加速するのか?! 食料自給率36%、野菜は14%という結果に

海外農地取得への投資が集中、国内農家は厳しいのが現状

 UAEでは現在、スーダンに大規模なファーム・プロジェクトを開始しており、既に大きな投資が行われている。Arab Organization for Agricultural Development (AOAD)によると、本プロジェクトの農地面積は、UAE国内の合計耕作面積を超えており、国の面積である8,200平方kmの3.1%にも及ぶ、という。

また、本プロジェクトを推進するために、UAEによって設立されたスーダン現地企業に対して、既に6,000万ドルの投資が行われている。

UAE国内生産は加速するのか?! 食料自給率36%、野菜は14%という結果に
 UAE政府は昨年、食料価格高騰に対する影響を緩和させるために、3カ月分の食糧確保・備蓄ができる施設を建設する、と発表した。ただし、備蓄する食糧のほとんどが海外からの輸入品であることが問題視されており、自国内での生産の重要性を強調する研究者も多い。

「途上国を中心とした農地確保や世界からの食料輸入とともに、可能な限りの自国内での生産が重要」と考えるのは、UAE/アブダビの経済開発局Department of Economic Development(DED)上級経済研究員であるAlaa El Din Moussaである。

同氏は、もはや資金の問題ではなく、中長期的な食糧問題に対して分散・リスクヘッジを行い、安定的な複数の食料確保手段が必要である、と主張している。

海外農地にばかり投資が集まるのも問題であり、多くの水資源を使用する穀物生産は難しくとも、野菜や果物といった青果物は自国内での生産も進めていくべきだ、と付け加えた。

UAEの食糧自給率36%、野菜は14%という結果に

UAE・ドバイの太陽光利用型植物工場による生産事例「ミラク社」(2010年8月2日)の記事でも紹介したとおり、UAEの農家数・生産量は大きく減少している。小規模・家族経営農家は、栽培品目を儲かる・簡単な作物に切り替える、または、営農自体を辞めるケースも多い。

一部の政府関係者は、農家向けの金融機関を新たに設立し、安い金利で貸し付けるサービスを充実させ、長期的には国内生産・自給率を高めていきたい、と主張する者もいるが、本音の部分での国内農家支援の優先順位は低いようだ。


経済開発局Department of Economic Development(DED)が最近、102の食品について調査したところ、自国内で生産された野菜が14%、砂糖が33%、穀物が40%、卵や調理用油が50%、といった結果を得た。

特に、果物の自給率はゼロであり、その全てが周辺諸国などからの輸入に依存していた、という。政府統計によると、2009年のUAE食料自給率は36%となっている。


UAEを含むGCCの湾岸中東諸国6カ国は、世界で最大の食糧輸入国であり、2009年は合計で300億ドルを超える費用を食糧輸入に費やしていることから、自国内での生産も必要とされるだろう。

ただし、GCC諸国では世界のオイル資源による富の45%を握っており(NCBキャピタル)、こうした潤沢にある資金は、自国の経済成長や新たな産業確立のために充てられる。

わざわざ厳しい条件下で、少ない自国内の農家を支援しても、国全体のGDPや雇用促進にどれほどの影響があるのか、この点を疑問視する政府関係者が多いのも事実である。そのためには、単なる農作物を生産する農業ビジネスから抜け出し、経済インパクトのある次世代の農業ビジネスを提案する必要があるだろう。