糖度の高いトマトを中心に大規模施設栽培(太陽光利用・植物工場)にて、農業の担い手育成事業を開始<つくば菜園>

農業ベンチャーのつくば菜園は、つくば市内で農業の担い手育成事業を行うために、農業研修生5人を中心に糖度の高いトマトの栽培(ガラスハウスの太陽光利用型・植物工場)を始めた。今後3?4年間で農業経営についてのノウハウや栽培技術などを指導し、市内など周辺農場で独立してもらう計画である、という。
 
糖度の高いトマトを中心に大規模施設栽培(太陽光利用・植物工場)にて、農業の担い手育成事業を開始<つくば菜園>

筑波山観光農園WEBサイトより>

 
つくば市内に約5万平方メートルの農地を借り受け、敷地内に大規模な野菜工場を建設した。工場はガラスハウス形式で、ハウス内の空調はすべてコンピューターで制御。台風や霜といった天候要因に左右されにくい、安定した環境で高糖度トマトを栽培する。今年度は苗8万本を植えて無農薬で栽培、2回の収穫で計16万本を育てる。
 
 
長年トマト栽培に携わってきた専門家を責任者として招き、農業未経験者5人に高糖度のトマトを作る技術のほか、作業の効率化、財務、広報といった経営の基礎を伝授。新たな担い手としてつくば市などで独立開業してもらう。将来は同農場から30人程度の卒業生を輩出する計画である。
 
 
栽培には早稲田大学発ベンチャー:メビオールが開発した農法を使用する。保水力に優れたゲル状のフィルムの上にトマトの苗を植えて栽培。フィルムは目に見えないほどの小さい穴が多数あいており、浸透圧効果でトマトの根の吸収力を高め、アミノ酸や糖分を大量に含ませる仕組みだ。試験的に栽培したトマトの糖度は約12度と通常の2倍以上の数値を計測しており、付加価値トマトとしての需要が高いと判断。植物工場での大規模生産でスーパーなどの小売店に安定供給ができるとみている。
<日本経済新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る