中国の中秋節にて台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大

イスラム圏の国々では断食・ラマダンが終わり、各地で祝祭が行われてますが、中国の方では中秋節(9月22日)を迎え、大型連休から旅行や長距離移動を計画する人々が増え、交通機関が混雑することが予想されている。中秋節には家族揃って円形に食卓を囲み、欠けのない満月のように円い食器で食事をして家族団らんを楽しむ期間である。また、この時期には「月餅(げっぺい)」を親しい人やお世話になった人に贈る習慣があり、中秋節に月餅はかかせないものだ
 
 
ただし中国の知人に質問した所、伝統的な過ごし方をしない人々も増えているようで、月餅も新しいタイプの商品が増えており、チョコレートやスイーツの月餅や巨大な花やワイン、高級茶葉、そしてフルーツの盛り合わせをセットにした商品が出現している。また、少し見栄っ張りな国民性から、高級商品も売れ筋であり、スターバックスや各高級ホテルやブランドからもオリジナルの月餅が発売されている

中国の中秋節にて、台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大

スターバックスが発売している月餅

 
こうした大きな消費が行われる時期に、収穫がなんとか間に合ったのが台湾の文旦(ぶんたん)である。台湾の今年の出荷量は去年より22%上昇すると推測されており、生産者もこうした季節的な需要を満たすために大忙しであるようだ。台湾のCouncil of Agricultureによると、フルーツの輸出量は去年の200トンから今年は500トンにまで増加すると言われている。

中国の中秋節にて、台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大
 
台湾では5000haもの農地で、文旦を栽培しており、最大の群であるHualienが1000ha、Tainanが900haもの果樹園が広がっている。中国への販売量は今年でも既に150トンにも上り、今現在も世界市場に向けて積荷作業に追われている。中でも、この時期にターゲットになる市場は、中国語を話す国々である。例えば香港やシンガポール、チャイニーズ・コミュニティのあるカナダである。文旦は伝統的にも中秋節の時期と密接に関係しており、国内価格がキロ当たり0.5ドルに対して、海外への輸出価格はキロ当たり0.7ドルと若干ではあるものの、高い価格で販売することができる、という。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  10. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  2. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る