中国の中秋節にて台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大

イスラム圏の国々では断食・ラマダンが終わり、各地で祝祭が行われてますが、中国の方では中秋節(9月22日)を迎え、大型連休から旅行や長距離移動を計画する人々が増え、交通機関が混雑することが予想されている。中秋節には家族揃って円形に食卓を囲み、欠けのない満月のように円い食器で食事をして家族団らんを楽しむ期間である。また、この時期には「月餅(げっぺい)」を親しい人やお世話になった人に贈る習慣があり、中秋節に月餅はかかせないものだ
 
 
ただし中国の知人に質問した所、伝統的な過ごし方をしない人々も増えているようで、月餅も新しいタイプの商品が増えており、チョコレートやスイーツの月餅や巨大な花やワイン、高級茶葉、そしてフルーツの盛り合わせをセットにした商品が出現している。また、少し見栄っ張りな国民性から、高級商品も売れ筋であり、スターバックスや各高級ホテルやブランドからもオリジナルの月餅が発売されている

中国の中秋節にて、台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大

スターバックスが発売している月餅

 
こうした大きな消費が行われる時期に、収穫がなんとか間に合ったのが台湾の文旦(ぶんたん)である。台湾の今年の出荷量は去年より22%上昇すると推測されており、生産者もこうした季節的な需要を満たすために大忙しであるようだ。台湾のCouncil of Agricultureによると、フルーツの輸出量は去年の200トンから今年は500トンにまで増加すると言われている。

中国の中秋節にて、台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大
 
台湾では5000haもの農地で、文旦を栽培しており、最大の群であるHualienが1000ha、Tainanが900haもの果樹園が広がっている。中国への販売量は今年でも既に150トンにも上り、今現在も世界市場に向けて積荷作業に追われている。中でも、この時期にターゲットになる市場は、中国語を話す国々である。例えば香港やシンガポール、チャイニーズ・コミュニティのあるカナダである。文旦は伝統的にも中秋節の時期と密接に関係しており、国内価格がキロ当たり0.5ドルに対して、海外への輸出価格はキロ当たり0.7ドルと若干ではあるものの、高い価格で販売することができる、という。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  4. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  3. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  4. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
ページ上部へ戻る