中国の中秋節にて台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大

イスラム圏の国々では断食・ラマダンが終わり、各地で祝祭が行われてますが、中国の方では中秋節(9月22日)を迎え、大型連休から旅行や長距離移動を計画する人々が増え、交通機関が混雑することが予想されている。中秋節には家族揃って円形に食卓を囲み、欠けのない満月のように円い食器で食事をして家族団らんを楽しむ期間である。また、この時期には「月餅(げっぺい)」を親しい人やお世話になった人に贈る習慣があり、中秋節に月餅はかかせないものだ
 
 
ただし中国の知人に質問した所、伝統的な過ごし方をしない人々も増えているようで、月餅も新しいタイプの商品が増えており、チョコレートやスイーツの月餅や巨大な花やワイン、高級茶葉、そしてフルーツの盛り合わせをセットにした商品が出現している。また、少し見栄っ張りな国民性から、高級商品も売れ筋であり、スターバックスや各高級ホテルやブランドからもオリジナルの月餅が発売されている

中国の中秋節にて、台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大

スターバックスが発売している月餅

 
こうした大きな消費が行われる時期に、収穫がなんとか間に合ったのが台湾の文旦(ぶんたん)である。台湾の今年の出荷量は去年より22%上昇すると推測されており、生産者もこうした季節的な需要を満たすために大忙しであるようだ。台湾のCouncil of Agricultureによると、フルーツの輸出量は去年の200トンから今年は500トンにまで増加すると言われている。

中国の中秋節にて、台湾の文旦(果物)の出荷がピークを迎え、今年は輸出量も5000トンにまで拡大
 
台湾では5000haもの農地で、文旦を栽培しており、最大の群であるHualienが1000ha、Tainanが900haもの果樹園が広がっている。中国への販売量は今年でも既に150トンにも上り、今現在も世界市場に向けて積荷作業に追われている。中でも、この時期にターゲットになる市場は、中国語を話す国々である。例えば香港やシンガポール、チャイニーズ・コミュニティのあるカナダである。文旦は伝統的にも中秋節の時期と密接に関係しており、国内価格がキロ当たり0.5ドルに対して、海外への輸出価格はキロ当たり0.7ドルと若干ではあるものの、高い価格で販売することができる、という。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  7. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  8. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る