サンドイッチチェーンのサブウェイが店舗併設型の植物工場を東京・丸の内にオープン。店内中央に設置・月に最大80株のレタスが生産可能

サンドイッチチェーンの「サブウェイ」は7月6日に植物工場を併設した新店舗を東京・丸の内にオープンさせた(WEBサイト)。67平方メートルの店内(20席)中央に三つの棚を備えた植物工場;横約150cm、縦約41cmの「ライン」を二つ置いている。棚では蛍光灯とLED照明を併用して無農薬レタスを栽培。
 
 
播種から収穫まで49日間かかり、検査などに時間がかかるため、実際に栽培したレタスを使った商品が店頭に並ぶのは今年10月の見込み。栽培サイクルが軌道に乗れば1週間に20玉(約100食分)の収穫が可能で、店で使うレタスの約5%(月400食)がまかなえるという。月に換算すると最大80株が収穫可能となる。
 
 
工場レタスは設備投資や光熱費で通常の仕入れ値の倍近いコストがかかるが、商品価格は据え置く。今後も同様の店舗を2〜3店出店する計画である、という。国内にもカフェ・レストランに植物工場(水耕栽培施設)や農場ファームを併設した所はあるが、大手外食チェーンが本格的に店舗展開するのは初めて。

サンドイッチチェーンのサブウェイ;店舗併設型の植物工場をオープン

写真:sankeibiz(サンケイビズ)より