ワイン特区を活用、山口県初の周防大島ワイナリー。12月に初出荷予定

 周防大島ワイナリー株式会社は、国のワイン特区認定を活用し、2018年9月酒造免許を取得。10月にワイン醸造を開始した。12月には自社ブランド「Domaine Pinot Livre(ドメーヌ ピノ・リーブル)」として販売開始を予定している。

ワイン特区を活用、山口県初の周防大島ワイナリー。12月に初出荷予定
■周防大島ワイナリーのこだわり~栽培から醸造まで全てを自社で~
周防大島ワイナリーでは、山梨大学の発酵生産学科でワイン造りを学んだ後、富良野市ぶどう果樹研究所(北海道)と中伊豆ワイナリー(静岡)にてぶどう栽培や醸造の最前線で計約20年間勤務した経験を持つ栽培醸造責任者 松本 英也取締役の下、栽培から醸造まで全てを自社で行っています。

ぶどうの品種は、日本固有のヤマブドウから生まれた「ヤマ・ソービニオン」。過剰に農薬や人の手を加えて大量に生産するのではなく、周防大島という地で一つ一つ丁寧に栽培し小規模ながらこだわりのワインを醸造する、いわゆる“ワイン農家”を目指しています。


■今後の展望 ~ワインから農産物の高付加価値化・地域活性化へ~
まずは2018年12月に、自社ブランド「Domaine Pinot Livre(ドメーヌ ピノ・リーブル)」としてワインの初出荷を予定。そのほか、ワイン以外にも、周防大島特産である蜜柑(みかん)を使用した果実酒の醸造も予定しています。

高齢化や人口減少で耕作放棄地が増加するなかで、6次産業化し、農産物の高付加価値化や農業と観光業との連携による地域活性化の一助を目指しています。


【周防大島ワイナリー株式会社】
所在地: 〒742-2802 山口県周防大島町油良232-1
設立 : 2018年1月
URL  : https://www.domaine-pinot-livre.com

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。